No.93 2016年 11月号 がん治療薬『オプジーボ』前年比18倍の売上

201611京都大学医学部が開発して2014年7月に製造販売が承認された、免疫療法のひとつでがん治療薬の『ニボルマブ』(商品名:オプジーボ)は、人間の免疫システムから逃れてしまうがん細胞に対して有効ながん治療薬とされています。

現在では、悪性黒色腫や肺がん肝細胞がんなどの治療に用いられています。免疫療法はがん治療ではマイナー治療方法だった当時に、免疫治療薬のオプジーボを実用化した製薬会社は、国内外で革命的な技術としてトップ記事で紹介され高い評価を得ていましたが、2年後の現在ではこの薬はとにかく高価であることが問題視され始めてしまいました。

このオプジーボは健康保険適用になっていますが、1年間この薬でがん治療を行った場合、約3,500万円の薬代がかかってしまうらしく、健康保険が適用され3割負担したとしても1,000万円以上の薬代を患者自身が負担する計算となり、桁違いの治療費は社会保障制度の財政面にも大きな問題を出しているとのことです。来年度の医療費保障予算を検討する財務省では、このオプジーボを使用する患者数が当初の想定より大幅に増えていることを踏まえて、来年度の薬価改定のタイミングを待たずに、このオプジーボの製造製薬会社へ薬価の値下げを求める方針を検討しているとのことです。

新薬の開発は研究から実用化までに膨大な費用と時間がかかる事業です。このオプジーボを実用化した製薬会社は関西の中堅製薬会社で、実用化まで15年の歳月がかかっているとのことで、がん治療の選択肢が増えるのは良いのですが、高すぎる治療費は将来の医療保障制度を崩壊させてしまう可能性があります。もちろん、研究開発者の努力や製薬会社の利益などは報われるべきですが、日本の医療保障制度が耐えられないような価格設定は、見直されるべき課題であると思われます。

 

スタッフの最近のできごと


 

社長雨宮 豊
代理店仲間の事務所の開所祝いと研修会があり、11月5日から北海道の旭川と札幌に2泊3日で行ってきました。出発の前日には泊まり込みの日本代協コンベンションがお台場で行われていてこれにも参加したため、連続5日間の出張となってしまいました。今年の雪は異常に早かったようで旭川は折からの大雪。暖かい東京から一気に氷点下の世界へ。スーツに革靴の姿で舞い降りた私は唯々凍えるばかりでした。旭川には全国各地から8名の代理店店主が集まりました。初日は層仙峡温泉の豪華なホテルに宿泊。露天風呂で本格的な雪見酒を堪能させてもらいました。風呂を上がり、部屋に戻るとなんとサプライズ。ケーキにロウソクが用意されていて皆が一斉に「ハッピーバースデイ!」全く予想もしていなかったため、唯々恐縮で気恥ずかしく、でもありがたく仲間に感謝の夜でした。かくして私は齢56歳を迎え、札幌では北海道代協の事務局へ挨拶に伺い帰途に着きました。

植谷植谷 豊
突然ですが、家を買いました。平成5年にマンションを購入して23年。私のライフプランに戸建ての購入はありませんでした。しかし子供達が成長しそれぞれが自分の部屋を欲しがり、年老いた母と5人では手狭になったのは確かでした。2年前に住宅ローンを完済し、これからは老後の事でも考えなきゃ…と思った矢先、妻からの一言。「戸建ては私の夢。」少々歳の離れた嫁から「夢」と言われたら、叶えてあげるのが男の甲斐性、なんて言うのは簡単ですが流石に悩みました。行動を開始したのは6月初旬。現在のマンションを必死に磨き、オープンルームにした所、6件ほど見学者が来ましたが、やはり生活臭があるためか中々購入者が決まりませんでした。決まったのは9月末。結局は不動産屋が購入し、リノベーションして販売するようです。購入資金に新規ローンを加算して何とか気に入った物件が見つかりました。妻も子供達も本当に喜んでいます。このまま笑顔が耐えないマイホームにしたいですね。

鈴木鈴木 久雄
夏が終り、秋が来る前に冬が来た様な感じの天候が続いていますが、高齢の私にとって、体がついていけないような変わりようです。さて、プロ野球のニホンシリーズも日ハムの優勝で幕を閉じましたが、大谷ファンの私には何か物足りなさを感じています。まだまだ大谷の活躍を見たかったのですが、取り敢えず来年に、又期待したいと思います。そしてこれから、ウインタースポーツの季節になりますが、何といっても、サッカーワールドカップ予選が待ちどおしいです。それから、高校サッカーとラグビーの選手権、大学陸上の駅伝と社会人の駅伝等、楽しみが目白押しです。忙しい日々を送りながらも、それが楽しみで家に帰ると、欠かさずスポーツニュースをチェックします。唯、家内はあまり興味が無いので、だいたい言い合いになりますが、それでもテレビで結果を確認し、翌日にはスポーツ新聞に目を通し一喜一憂しています。こちらもまた楽しみです。

秋山秋山 武志
今月はゴルフのコンペがあります。実は前回のコンペで優勝しました。ベストスコアを更新しての優勝でしたが内容は決して良くはなかったです。これで2回目ですがどちらもまぐれです。今までのやり方では成長はできません。進化する為には過去の体験にとらわれずやり方も変えていかないと次のステージには進めません。そう言えばサッカーで久保君がJリーグデビューしましたね。技術はこの年代では飛び抜けています。だけど周りがそのレベルについていけてない気がしました。日本に戻ってきてからはバルサでの常識を捨て日本のやり方に合わせるようになりましたがもったいないですね。個が成長する為にその周りも進化をしていかないと飛び抜けた選手が育ちません。出る杭は打たれるのは日本特有の文化なのか?そろそろ日本もやり方も見直す時期に来ているのではないでしょうか?個の成長がチームのレベルアップにも繋がると思います。自分も次のステージの為に進化をしないと!

部長雨宮 厚
先月は草野球延期の報告をしましたが、10月8日に実施できました。11人参加予定なのでメンバー的に余裕あり「もしかしたら勝っちゃうかも」なんて思っていたのですが集合してみるとまさかの8名!連絡不行き届きで「今すぐ来てください」と当日11時に依頼をかけましたが試合開始は13時から!(絶体絶命)12時の開会式が終わり練習をしていると「天候不良の為30分試合開始を早めます」と事務局発表。こんな時は慌てず騒がず「スイマセーン、御一人ヘルプ」と対戦相手様から施しを受けました。ジャンケンで先攻後攻を決めると武運無く負け、後攻となり守備に布陣。ヒットエラーヒットエラーと一つもアウト取れずに雨脚は本降りに。「ノーゲーム」となりました。後日11月上旬再試合の日程の連絡が来ましたが「人員調整つかず残念ながら辞退」を表明しました。来年は体制を整え勝ちに行こうと決意を固めました。

菊田菊田 正臣
Happy Halloween!! もう遅いですよね。子どもたちが通っている保育園でも例年仮装して練り歩く行事をしています。昨年娘に魔女の宅急便のキキに似た格好をさせて、大賞をとりました。大賞と言っても近所のお菓子をくれる方が一番気に入った子に特別プレゼントをあげるというものですが、今年もやってやろうと勝手に意気込んでました。今年は息子もいるので、確率2倍だぜっ!ということで、不思議のアリスの世界観で、娘にはアリスのドレスに赤色のリボン風カチューシャ、チェシャ猫柄の髪ゴムを持たせ、息子には白ウサギの格好にアリスデザインの懐中時計を持たせて決戦の舞台に送り込みました。戦い前に予想したのは、皆コスチュームは着てくるが小物まではこだわらないのではないかという事。こだわった懐中時計が決め手となり、見事息子が大賞を取りました。まさかの2年連続菊田家が貰っていったことは、近所の方も知るよしもありません。完全な自己満足の日でした。

組田3組田 智晴
本格的な整備はプロの自転車屋さんにお任せしていますが所有している自転車2台を眺めながら拭き掃除しました。2台のうち初めて購入したのはロードバイクの一歩手前という感じでハンドルが一直線のクロスバイクと呼ばれているものです。近場や湘南方面のほかにも建設中のスカイツリーなどにも行った大事な相棒です。埃のふき取りや油汚れをしながら車体に傷がないか確認したりタイヤの劣化や傷の有無の確認、ほかにもブレーキのワイヤーが伸びてないか確認したりと1台だけでも結構な時間が掛かるのですが、こんなことでも走るのと同じくらい楽しめます。昨年購入の2台目の方は折り畳みで完全室内保管なのとまだ距離もそんなに乗っていないので、埃取りと余分な油のふき取りとタイヤの空気入れのみで終了となりました。2台とも私の知らない景色を見せてくれる大事な相棒なのでこれからも大切に乗りたいと思っています。

中川中川 志保
最近の私は、暇があればツムツム(LINEのゲーム)をやっています。4月に友達から誘われて、その時はスマホにもラインにも慣れておらず、よくわからずに開いてしまったのですが。思えば、私の実家はゲームが禁止でしたので、ファミコンとかプレステとかほとんどやったことがありません。携帯に入っていたテトリスを辛うじてやったことがあるくらい。何がそこまで嵌っているのかと考えると、何か癖になる?みたいなあいまいなものです。単純な操作がよいのかな?ただ、音楽を考えた人はすごいなと思います。ゲームをヤル気にさせ、少し興奮させるようなものも含ませ、けれど煩わしいと思わせない絶妙なものでないと人は飽きたり嫌になってしまうと思うので。10月はハローウィン仕様のかわいいツムツムがどうしてもほしくて、コイン稼ぎに頑張ってしまいましたが、つくづくジブリにゲームがなくてよかったと思っています。迷わず課金してしまうと思うので(笑)

%e9%96%a2%e6%9c%ac関本 彩香
今年のハロウィンは友人と一緒に仮装してデザート王国の食べ放題に行ってきました。通年、友人宅にてハロウィンホームパーティーをして過ごすのが主流でしたが、たまには違うことをして過ごしてみようとなり、寒さを気にせず楽しめる食べ放題を選択しました。食べ放題なので混むんじゃないかな。。。と心配だったのですが、今はネット(食べログ)から予約することができるためとても助かりました。さすがネット社会!内容は120分間食べ放題の金額が1500円といったもので、時間とコスパのバランスもちょうど良く、また今回に限りハロウィン向けのスイーツ等も用意されていたので私的には金額以上だったのかなと思っています。来年もハロウィンはやってきますが、通年どおりのホームパーティーか、今回のような食べ放題かのどちらかを検討していて、渋谷や川崎といった屋外イベントデビューはまだできそうにありません。

お姫雨宮 千鶴
初めて山口県周南市に日帰りで行って来ました。数年前に九州日帰りを経験後、久方ぶりの早起きと遠出の為緊張しながら新幹線切符を大事にしまい出発。少し歩いて不安に思い再度バッグを確認すると、ない!確かにここに入れていたチケットが。落としたか?確認のため急いで元来た道を戻る中、雨上がりで濡れた玄関前で滑り、両肘と後頭部を打ってしまいました。流血の中、バッグを見るとあるではないか・・・。ぎりぎり間に合い目的地へ。山口県は全国の中でも犬猫の殺処分数が多く、ワースト3という悲しい現実があります。フェイスブック友達より里親SOSで知った三毛猫の女の子を引き取りに行ったのでした。これで我が家の猫は合計6匹に。微力でも明日殺されるという一匹の命を救う事が出来ました。彼女の名前はバイオハザードの主人公を演じるミラ・ジョボヴィッチのように逞しく生きて欲しいので「ミラ」と命名しました。今は元気に走り回っています!

竹内竹内 憲二
先日、自宅マンション裏の駐車場入り口の歩道のちょっとした段差でバイクのハンドルを取られておもいっきりコケてしまいました。幸いなことにバイクはほとんど無傷(センタースタンドが一番張り出していてバイクの車体自体は転倒しても地面と接触しないことがこれでわかりました)センタースタンド様様ですが、まったくの不意をつかれてバイクが先に転倒してしまったため、きっとゴム人形のように全身鞭打ちとなったためか腰と背中を捻挫してしまいました。人間はほんの一瞬でも危険を察知できれば事故による最悪のシナリオを回避するために体制を整えることができると思いますが、前触れなしの事故はやっぱり無理ですね。リターンライダーになってから大コケすることはなかったのですが、年齢とともに反応速度や体力が落ちてきていることを実感しました。ヤマハから転倒しないバイクのトリシティーが発売されているのですが125ccまでしか現在はないので155ccが発売されたら乗り換えようと思っています。