No.108 2018年2月号 労災事故の変化と今後の動向

201802東京オリンピックまであと二年となり大手企業では業績改善もなされて景気は良くなってきていると思えます。そんな中で多くの従業員を雇用している企業をはじめ、中小企業でも労務リスクが非常に高まってきていることも確かだと思えます。企業の『安全配慮義務』が明文化されたことにより、企業は労働災害が発生した際には、『企業に責任がないことを立証』できなければ法律違反となってしまうことです。

さらに労働災害の中でも新型と呼ばれる『健康配慮義務』とも考えられる従業員の健康管理全般についても企業は責任を負うことになっています。

また、労働者の保護する社会の変化も起こりつつあります。一人でも加入できる『労働組合』、労災訴訟を専門にしている弁護士の増加、新型労災(過労死・新型うつ病・脳心疾患など)が増えていることなどが要因と思われます。

労災事故で家族を失ったご遺族が企業を相手に訴訟を起こすということも少なくはないと思います。大手企業では従業員に対して喫煙者には健康管理対策として禁煙外来の医療費補助やがん治療で健康保険対象外となる先進医療の治療費用を補助する制度を導入しているようです。今後は企業の従業員に対しての役割・責任が非常に大きくなっていくことと思います。

従業員に対しての福利厚生、労災事故訴訟対策を中小企業でも準備できる保険商品がありますのでぜひご検討ください。

スタッフの最近のできごと


 

社長雨宮 豊
平成30年も1か月が過ぎ2月となりました。本当に速いものです。来年の4月30日には天皇陛下の退位が決定していますから、光陰矢のごとしで平成の世もあっという間に終わってしまうでしょう。そこで、平成の御代中に成すべき事として体重10キロ減量の誓いを立てました。数年前に低糖質ダイエットでプチ成功を修めたことに気を良くし、その後は野放図なリバウンドに身を任せていました。そこで今回は減量後の体型の維持保全をも必達とします。しかし性急で危険な手法は禁物。安全な方法を模索します。話はまったく変わりますが、平成の後の新元号が何になるかが取り沙汰されています。明治、大正、昭和、平成の後は果たして? M・T・S・Hが頭文字の元号は無いとのこと。そこで私はAかEの頭文字で「安真、安栄、安光、安豊、永安、栄明、永楽、栄長」を予測。のんびりしていると新元号も私のダイエット結果も、あっという間に判明している事でしょう。

植谷植谷 豊
ハートプラザ通信の11月号でお知らせしましたが、先日父の墓じまいをしてきました。11月に三重に行き、住職とお会いし思いを訴えました。当然いきなりでは無く、事前に本家の従兄に相談しお布施の準備をして伺いました。住職も既に耳にしていたので話はスムーズに進み、今日に至りました。ここでお知らせいたしますが、墓の引っ越しや処分は全て石屋さんのお仕事です。弊社のお客様に幸い石屋さんがいらしたのでお願いしたのですが、手際の速さにびっくりしました。正念抜きのお経をよんでいただき、それからの作業は一時間ちょっと。ここで更に驚いたのは父の遺骨がしっかりと残っていたこと。37年前に墓石の下に叔父がばらまいたので、土にかえっていたと思いきや、形は少し崩れていましたが、量はそのまま。骨壺に入れて再び合掌。新幹線で持って帰るのは流石に目立つので、石屋さんにお願いしその夜に再会しました。今、仏壇の上に37年ぶりに夫婦が並んでいます。今月揃って埋葬します。両親に感謝し、今夜も合掌。

鈴木鈴木 久雄
そろそろ梅の便りが届いてもよさそうな頃ですが、今年は何だか何時もより遅いような気がします。例年に比べ気温が低いのかもしれません。ただ、明らかに日没が遅くなり昼が長くなってきています。毎日営業で外回りをしていると、その事がとても嬉しくて仕事をしやすくなります。年を重ねてくると余計そう思うのかもしれません。そして、そのうち梅が咲き、やがて桜も花開く時が来ます。そうこうしている内、早いもので私がハートプラザに移って来て、2月1日から丸4年目に入りました。これから先も毎月この原稿を書くようになりますが、書いている内は在籍しているという事ですので、出来るだけ長く投稿したいと思っています。今までも拙い文章で大変申し訳なかったのですが。4年目に入って少しはましになったと思って頂けるような仕上げにしたいと努力します。これからも宜しくお願いいたします。

秋山秋山 武志
一周忌を迎えて愛猫が好きだったお刺身をお供えしました。今思えばもっと美味しいものをいっぱい食べさせて上げればよかったと後悔しています。一日でも長生きして欲しかったので晩年は病院食を与えていました。しかし病院食は美味しくないみたいで、それでも我慢して食べてくれていました。今でも猫の仏壇にご飯とお水を朝と晩に欠かさずあげていますが、今は猫が好きだった鰹節と焼き海苔をあげています。この行為を否定する人もいますが、市川海老蔵さんが今でも麻央さんに既読にならないラインを送っていると言っていました。その気持ちが凄く分かります。最愛の人を決して忘れることはないんだと思います。元々、猫は生まれてすぐ親も兄弟もいないひとりぼっちの猫でした。なのであの世に行ってもひとりぼっちなのではないかと心配です。だから先日の節分で猫が幸せに暮らしていますように!と願い事をしました。そしていつかまた会えますようにと!

部長雨宮 厚
年明け早々インフルエンザに罹患しました。12月31日、朝9時からの休日診療所を9時20分に訪ねたら受付23番目でした。その時点で野戦病院の様相。私の後にもわんさか患者さんが増えていきます。漸く次の順番まで来た所で私の前に「スイマセン・倒れそうです」と言ってご婦人が卒倒!緊急対応・救急車手配とそこから30分。結局11時30分に診察してもらえました。結果、熱が7度5分なのでインフル検査をせず翌日の元日9度近く熱が上がり緊急病院を受診。はれてA型認定、タミフルを頂けました。原因は年末の暴飲暴食不摂生。家内も1月2日に受診しインフル夫婦三昧のお正月でした。そんな中で息子は罹患せず。彼曰く「R1ヨーグルトを食べているから」との見解。一人で高価なヨーグルトを食べていたなんて知りませんでした。家内は早速ヨーグルト製造機を購入しR1製造開始、腸内環境改善で病気予防に取り組んでいる今日この頃です。

菊田菊田 正臣
4月から子どもたちの保育園が変わることになりました。昨年度通っていた保育園が今年4月横浜保育室から認可保育園に昇格しましたので、それを期にそちらでお世話になりたいと思い抽選をしていたのですが。1月27日に通知が来て無事通うことが出来るようになりました。正直言うと迷いました。娘も私たちもやっと保育園に慣れたところでの転園で、娘にはお友達と離れるのは嫌だと言われましたが、娘が小学校にあがった後のことを考えると小学校と保育園が近い方が良いし、同級生が同学区の可能性が高いかなと。今の保育園は同じ学区の子が全然いないのです。子どものためを考えた場合どちらが良いのか分からなかったのですが、親の立場からすると近い方が助かるので、親としてのエゴが全面に出た結論でした。そのためか気が引けるというか、少し後ろめたいというか、そういう気持ちがあるのも事実なので、もう少し子どもたちには優しくしようと思いました。

組田3組田 智晴
インフルエンザが蔓延していますが運よく今のところ我が家では一人も感染していません。このままシーズン終了を迎えたいので確認の意味も込めて何かと便利なグーグルで検索したところ、膨大な対策方法が出てきました。共通した対策をまとめると以下の6つが多かったです。①流行前の予防接種。②外出後正しい流水での手洗い・アルコールによる手指消毒③飛沫感染を防ぐためにも咳エチケット④室内の湿度を適度(40%~50%)に保つ⑤免疫力を落とさないために質の良い睡眠とバランスのとれた栄養摂取⑥人混みは避ける。やむを得ない場合は不織布性のマスク着用などでした。すべてを常に励行するのは大変かもしれませんが、出来る事を出来る事だけするだけでも予防になるかと思いました。運よく罹っていません我が家ですが、長男が今年は受験生でして絶対に罹ってはならないので、ここ数週間のピークを乗り越えるためにもしっかり予防したいものです。

中川宗中川 宗任
先日、ある方の厄落としの宴に御呼ばれしたのですが、何と!その宴で、前号でご紹介した「オーパス・ワン」を振舞って頂きました。簡単に説明しますと、1本約5万円(ヴィンテージによって値段は異なります)もする高級赤ワインで、ボルドーとカリフォルニアの名醸造家2人がタッグを組んで作り上げたものです。しかも「ヘスコレクション・アローミ・カベルネソーヴィニヨン」(こちらも前号でご紹介の信濃屋推薦、「オーパス」酷似ワイン)も嗜むことができました。こちらは1本約5千円になります。これらの2本を飲み比べた結果、確かに似ています。味は「ヘス」の方がより甘味が強い。それに比べて「オーパス」はより香りが華やかという印象でした。私個人の感想としては「オーパス」は本当に香りが素晴らしく、まるで「お花畑にいるみたい」と月並みな表現をしてしまうほどでした(笑)兎にも角にも、素晴らしい宴で忘れられない夜となりました。

竹内竹内 憲二
今年のF1からグリッドガールが消える!FAIから衝撃的なニュースがありました。日本のレースクィーンは日本独自の呼称らしいのですが、F1では世界各国の美人さんが各車のグリッドボードを持ってF1マシンに華を添えてくれています。今まで違和感なく見ていましたが、女性蔑視という現在の社会規範に沿わないとのことでグリッドガールが廃止になるとの事。ちょっと残念です。この女性蔑視の考え方は、レースだけにとどまらずにモーターショーのコンパニオンやボクシングなどのラウンドガールにまで話が及んでいるようです。ですが、グリッドガール本人たちは誇りを持ってこのお仕事をしているとの声もあり、F1のグリッドガールのお仕事が今年は無くなることを残念がっているようです。考え方や見方によってまったく異なる意見が存在することは仕方ないとして、モータースポーツの華やかさは魅力のひとつでもあったので今年のF1がどうなるか様子をみてみたいと思います。

お姫雨宮 千鶴
川崎大師へ何十年?ぶりかで厄払いをして来ました。厄年は三十代で終わったと思っていましたが、2回目の誕生日!を迎える人は男女ともに本厄との事。知識不足を痛感しました。弊社では、社長がイベント好きのため男性スタッフの節目(30代、40代、50代等)の年に「男の背中」「男のけじめ」「男の花道」「男の覚悟」などと銘打って華やかに祝宴をします。対して女性の場合は一般的に年齢の事を言われるのはいやですし、対象外として来ました。それに性格的にお祝いされるのもこそばゆい感じだし、と思っていましたが、我が家にいる6匹の猫、これからシェルターで保護していく猫達の事を考えると、長生きしないと責任は果たせないと思い直し、当事者から振る舞い、厄を持ち帰ってもらう「厄落としの宴」を急遽開催しました。慣れない御もてなしの準備に助けも借りて大変な思いをしましたが、良い経験になりました。すべてはお猫様の為。少人数のパーティ準備はおまかせあれ?

中川中川 志保
突然ですが、以前の私は少し神経質な部分がありました。部屋は毎日掃除をし、生活をしていれば当たり前の、髪の毛1本すら落ちているのが嫌で、完璧でないと落ち着きませんでした。服は一秒でも袖を通したら、タオル類も1回使ったらすぐに洗濯をしていたので、毎日洗濯機を回していました。よく驚かれたのが、シーツとベッドカバーも毎日変えていたことです。もう15年くらい前になりますが、当時一人暮らしで、ワンルームマンションに住んでいた時、ワンルームなので、テーブルとベッドがいっしょの空間にあります。ソファに座ればいいものを、ベッドに座った人がいました。私には信じられなくて、憮然と「ちょっと下りてくれる?」と言いました。相手は驚き、意味がわからなかったようです。この人と今は結婚していますが、紆余曲折ののち、私は随分ずぼらで適当な性格になりました。私は気に入っているのですが、主人は少しだけ前の私を取り戻してほしいそうです。