No.109 2018年3月号 2018年4月より生命保険の保険料改定

201803生命保険の保険料は昨年、マイナス金利の影響により保険料が上がってしまいましたが、今年は別の要因で保険料の改定が予定されています。

2018年4月以降の生命保険の保険料改定にはお客様にとって良い事と悪い事の2つに分かれます。まずは、悪いお知らせからですが、医療保険やがん保険、介護保険などの『長生きリスク』を保障する保険商品が値上がりとなることです。

この要因としては、厚労省が毎年発表している『標準生命表』が10年ぶりに改定されたことです。『標準生命表』は3種類【死亡保険用】【年金開始後用】【第三分野用】があり、今回改定された【死亡保険】【第三分野用】の2つのうち【第三分野用】が長寿大国である日本がさらに長寿化しているデータとなっているため入院リスクが今後高くなるので医療保険やがん保険が値上げとなります。

『標準生命表』は、実は二つあって、前述の厚労省が作成しているものと、日本アクチュアリー会(保険や年金、金融などの数理業務のプロフェッショナルの公益財団法人)が作成しているものがあります。こちらの『標準生命表は』、総務省の人口推移などを元にしたものと違い、生命保険に加入している人がどれだけ亡くなったかなどを元にして作成されていますのでより精度が高いデータとなり保険会社が保険料を決定する際に重視されます。良いお知らせとしては、生命保険の死亡保障をする保険商品が4月以降はお安くなることです。これも日本が長寿化しているため死亡保険金を受け取る方が少なくなると考えられるため保険料が下がる仕組みとなっています。

スタッフの最近のできごと


 

社長雨宮 豊
最近無くし物が多くて困ります。日に3回はスマホの行方を捜しています。あれは軽くて薄いのでどこへでも潜り込んでしまい困りますよね。先日、赤煉瓦倉庫のモーションブルー横浜でローリー寺西と武田真司のライブをお客様と観に行った時のこと。確かにテーブルの上にあったスマホの姿がライブ直前に見当たらなくなりました。店員さんがメニューに挟んで持って行ってしまったと見当をつけ、店舗スタッフへ捜索を依頼。無情にもライブはスタート。頭の中はスマホ紛失の後に予想される深刻な事態が駆け巡り音楽を楽しむどころの騒ぎでは無くなってしまいました。同行のお客様にはショーを楽しんでいただきたくても、お客様も心配していただき2時間のライブは焦燥と恐縮のうちに終了。店舗スタッフへ捜索の継続を強く懇願し、ドコモへの携帯紛失連絡を済ませ疲労困憊のうちに帰宅。翌朝、カバンのポケットからスマホがひょっこり登場。無くし物、本当に困ります。

植谷植谷 豊
例年より寒く感じた冬が終わり、スギ花粉が飛散する時期に入りました。ご多分に漏れず花粉症を発症して35年、ベテラン中のベテランです。私の場合はマスクはせず、飲み薬と点鼻薬で対処しています。たまに電車に乗るのですが、マスクの下で明らかに鼻がぐしゅぐしゅになっている人を見かけます。花粉症は立派な病気なので、マスクより薬が効果的なんですよ、と声を掛けたくなります。そんな花粉症ですが、何故か今年は非常に楽なんです。多少の症状は現れますが、くしゃみや鼻水が出ない。何故なんだろうと考え、幾つか候補をあげてみました。まずは、昨年の秋のブタクサの影響で、9月の終わりから処方薬を飲み続けている事。更には、某メーカーのR1ヨーグルトを約1年飲み続けている事。これにより腸内環境が改善されると言われています。最後に糖質の吸収を抑えるサプリメントを飲み始めたこと。このサプリも腸内環境を良くすると書いてありました。何が要因でも結構。自分もお客様も不快にならないのが一番です。

鈴木鈴木 久雄
冬季オリンピックが幕を閉じこれからパラリンピックが始まります。開幕直後に姉の葬儀がありその事もあってそれ程関心は無かったのですが、いざ始まると日本人選手の活躍に、ついついテレビのチャンネルを合わせて見入っていました。そしてライブ放送が終わった後も、遅い時間のニュース番組で何度も見返していると、家内から同じシーンを何度見たら気が済むのと怒られるほどでした。特にどの種目ということはないのですが、今回は岩手出身の選手が3名出ていてそちらも気になりました。全体的にも感動する場面が多く、終わってみると本当に素晴らしい大会だったと思います。さて、オリンピックの閉幕に合わせるかのようにJリーグが開幕し、野球ではオープン戦が各地で始まり海のむこうでも大谷選手が動き出しました。そして6月にはいよいよワールドカップが開幕します。これからも、スポーツシーンから目が離せそうにありません。

秋山秋山 武志
久々にマックに行きました。ハンバーガーが食べたかった訳ではなくマクドナルドが復活したと聞いて興味がありました。確かに美味しくなっていて、店内も賑わっておりました。相次ぐ不祥事で業績が過去最大まで悪化しましたが実は問題が発覚する前から予兆がありました。その1例がカウンターのメニュー廃止です。オーダーを秒単位で削減させる事を現場に課して効率を求めました。その為、現場での負荷は増え、マックの象徴だったスマイルもなくなりました。そもそもオーダーの時間を削減するのはお客様の希望でなく会社の都合です。現場でもそれはおかしいと思っていてもそれを言えない環境がお客様離れを起こしました。復活した理由はお客様の要望はお客様に聞くと言う徹底した現場主義のマーケティングです。現社長がお客様に向いて仕事をする方針に変えてから見事な復活劇です。時代が変わってもどこを向いて仕事をすべきかは変わってない気がします。

部長雨宮 厚
三月初頭、東日本震災のチャリティイベントに参加して来ました。震災当時小学生だった児童が大学生になり現在行っている震災ボランティアを伝えてくれました。活動は「忘れない」「絆をつなぐ」事だそうです。貞観地震の津波の痕跡を過去の再開発時に海側に移動させてしまっていたそうです。このように記録・記憶は改変してしまうそうです。指導の方は社会科の先生で「貝塚遺跡がある所が津波の到達点だ。津波発生時には貝塚のある所まで避難」とおっしゃっていました。次の絆ですが彼女のお父様は「避難呼びかけをしてもなかなか応じてもらえず、発生から3回も呼び掛けに行って津波に巻き込まれてしまった」そうです。最初の避難呼び掛けに応じてもらえるよう地域の絆が大切。記憶の風化・コミュニティの絆の大切さを訴えていました。あれから7年、記憶もまだ鮮明ですが、絶対に忘れてはいけない事があると考えさせられました。

菊田菊田 正臣
子どもは寝言が多いとは思いますが、通常私たちも寝ているのであまり聞く機会はありませんでした。最近私は寝るのが遅かったので、布団に入って寝ようとしているとよく聞こえてきます。特に特別なイベントや強烈な印象の残る体験をした夜は面白いです。2月のイベントといえば節分とバレンタインデーですよね・節分の日は保育園で鬼が出てきて豆まきをさせてくれます。その夜は「あっちいって、あっちいって」とわめいていました。バレンタインデーは保育園で何もしていないので、何もないはずなのですが。。夜中に突然息子が起きだして、「僕もチョコレートが食べたかった~」「チョコレートが食べたい、チョコレートが食べたい」と散々騒いで、パタッと寝ました。そっか、息子よ、お前も貰えなかったんだな、パパに似てモテない男にしてしまったのですまんなと心の中で謝りました。

組田3組田 智晴
寒いのを言い訳にしばらく自転車に乗ってないと思っていたところに、小学6年生になる息子をがいる弟より電話があり、息子が「自転車に乗って少し遠出をしたい」と言っているからコースを考えて!との依頼がありました。甥っ子とは以前弘明寺から大岡川沿いを走り象の鼻パーク往復の約12キロ位のコースを走ったのが楽しかったようで、今回はもう少し距離を伸ばしても大丈夫とのことでしたので、距離が伸びれば時間もかかりますが朝から出発して柏尾川沿いを走り江の島経由鎌倉のコースを提案したところ、あっけなく決定いたしました。弟と甥っ子と私の3人でと思っていましたが、弟が私の息子にも連絡をしていたようで、受験も終わり入学まで暇なので参加することが決まり、合計4人でのポタリングとなりました。私はよく行くコースですが、6年生の甥っ子合わせになるので、単独の時とは違う景色やお店が見つかるかもと思うと、今から楽しみです。

中川宗中川 宗任
いよいよ花粉が舞う「素敵な季節」が到来しました。毎年2月下旬から6月上旬まで花粉症の薬が手放せません。しかも厄介なのが、体が薬に対する抗体ができるのかは定かではありませんが、薬が効かなくなり数年ごとに薬を替えています。因みに現在、絶賛テレビCM中の花粉症薬はすべて試しました。ですから毎年の薬代が馬鹿にならないのです。そして今年は一念発起して、昨日初めて病院に行き、内服薬と鼻に吸引する薬を処方して頂きました。高揚感に浸る帰宅途中の電車内、手持無沙汰でしたので、処方薬の添付文書を読んでみました。すると「クラリチン」の5文字。もしや、井川遙さんが出演されている絶賛テレビCM中の花粉症薬「クラリチン」と同名称です。「まさか!」と一瞬嫌な予感が頭を過ぎりましたが「市販の物より効果が強いにちがいない」と淡い期待を抱いて1粒飲んでみました。がしかし皆様、お察しの通り全く効果がありませんでした…。

竹内竹内 憲二
今年もF1がもうすぐ開幕です。各チームの新車発表からテスト走行のニュースをちょこちょこ見る時期になりました。なによりもうれしいのはトロロッソと組んだホンダが昨年までの不調がウソのような快調のテスト走行だったことです。一方でホンダからルノーにパワーユニットを変更したマクラーレンも好調のようです。今年のテストは例年通りバルセロナで行われていましたがヨーロッパでは大寒波のため雪や雨、低気温のためどのチームもタイヤの性能を十分に使いきれず、新車の性能を顕著にみることはできなかったようです。3/24から始まる開幕戦のオーストラリアもフリー走行まで今年の勢力図がわからない微妙なプレシーズンテストだった気がします。また、今年からコックピット保護デバイスのハロが導入されますが、写真や動画で見る限りあまり違和感がないのとドライバー自身からも邪魔だ!というコメントがないのですぐに馴染みそうで安堵しています。

お姫雨宮 千鶴
70年代にタータンチェック大旋風を巻き起こしたベイシティローラーズが再来日との情報を知り、チケットを衝動買い、渋谷のデュオミュージックエクスチェンジというライブスペースへ行ってきました。到着すると予想に反して大勢の人々。購入したチケット代から座席指定だと思っていたら、記載の番号は入場案内の順番。ほとんど立ち見で、座席は前方の数列のみ。ライブの内容に応じて臨機応変に対応するような感じでした。客席の間に置かれた4本の巨大な柱で、ステージの視界がどこに行っても遮られる・・・期待はずれ?と思いましたがいざ開演すると、素敵に年を重ねたレスリーマッコーエンが登場。バンドは当時のメンバーではないですが、歌声は全く変わらず、衰えを感じさせない素晴らしい公演でした。10代に聞いた音楽って、多感な時期のせいか、とても心に残っていて、いつ聞いても懐かしさでいっぱいになりますね。ロックンロールを堪能した休日でした。ちなみに私はこれがアイドルという風貌のイアン・ミッチェルが好きでしたね。

中川中川 志保
明日、短期で韓国に行ってきます。海外は久しぶりだなと思って、記憶をたどり寄せたら、なんと18年ぶりです。今回は事前に計画していたものではなく、お気に入りの韓国の歌手が急に兵役に行くことになってしまい、急遽ファンの集いたるものが開かれるとのことで、行くことに決めました。が、いろいろ大変でした。まず韓国語が全くわからないので、チケットを取るのに一苦労。いざ挑戦してみるも(韓国では、チケットは早い者勝ちです)、30秒でSOLD OUTしたため、いったん断念。10分経つと、クレジット決済をうまくできなかった人のチケットがキャンセル扱いになるので、それを狙うべしとチケット奪取マニュアルに書いてあったので、再度チャレンジ。ですが、サーバーダウンでサイトに入れず、どうなっているかもわからないまま、気付いた時には、完全にチケットは売切れていました。簡単には諦めきれず、違う方法はないかと調べ、なんとかゲット出来たので行ってきます。

小島小島 暁子
2月より事務のスタッフとしてメンバーに加わりました小島暁子です。活気のあるオフィスで毎日オタオタしていますが、早く皆さんをサポートできるようにネジを巻いていきますのでよろしくお願いします。さて我が家には14歳になるミックス犬が同居しています。旺盛な食欲のおかげで大変良く成長しました。犬の14歳といえばもう後期高齢者。どこに目があるのか分からないくらい真っ黒だった毛並みに白い毛が目立つようになり、動きが少なくなってきたなぁと感じているうちに歩くことができなくなってしまい、今は部屋で寝たきりの生活を送っています。抱いて外を歩くのはとても無理な体重なので犬用のカートをゲットしてみました。さっそく近所をゆっくり周りましたが、風を受けて気持ち良さそうに乗っているその顔はとても得意気で、見ているこちらも嬉しくなりました。これで散歩の楽しみを再び味わうことができてよかったね、ファニー。