No.113 2018年8月号 保険のお申込みお手続きもタブレットで!

201808現在はインターネットがないと何もできない、そんな世の中になってきていると思います。パソコン、タブレット、スマホなどはすべてインターネットに接続されていることが大前提でさまざまな機能が動いています。保険のご契約手続きも、パソコンがなければ申込ができないのが現状です。現在の個人向けの自動車保険や火災保険、生命保険などの多くはお申込・お手続きのはじめからパソコンやタブレットで保険会社のサーバーに直接アクセスをしてお申込・お手続が完了する仕組みとなっています。

事務手続きが簡素化され、保険証券の発行やお申込み条件の確認などがスピーディーになっています。ネット通販商品のお申込みと異なるのは、あくまでも担当者による対面手続きとなるためお客様がパソコンやタブレットの画面を操作する必要がないところです。

もちろん、お客様が直接操作するような画面構成ではないので保険販売を行う担当者は各種の保険商品のネット申込み画面の操作やさまざまな機能を熟知していなければなりません。保険商品の説明はパンフレットや設計書など、今までよく目にする書面となっていますが、申し込み書は、書面の場合非常に見づらかったり、複雑な構成になっています。反面、タブレット画面は各項目ごとに非常に見やすいデザインで、文字も拡大ができるのでお客様との手続きもスムーズになり、活躍の場が広がっています。

 

スタッフの最近のできごと


社長雨宮 豊
「昭和は遠くになりにけり」毎回こんなことを書いている気がしますが、この度さらに追い打ちをかける衝撃的な事実がありましたのでご報告いたします。手軽な連絡手段としてSNSが用いられておりますが、やはり大事な連絡は電話で、という思いが昭和世代にはあります。このため夜の8時位までなら失礼ではないと判断しお客様へ満期のご連絡や事故の報告などを普通に電話いたしております。ところが昨今ではこの行為を平然と行う人間のことを「電話野郎!」と称するようです。もちろん若い方の間でのことのようでが・・。そこでよく考えてみると相手の状況も考慮せずにヅケヅケと一方的に電話するのは失礼のような気もしてきました。確かに連絡もせずにご自宅へ訪問するようなものです。若者のように全てSNSで完結とはいかないので、せめて「電話野郎」と言われないよう、礼儀知らずとならないようにショートメールの事前使用を心掛けなくてはならないようです。

植谷植谷 豊
甲子園への夢が断たれました。今年の高校野球は100回記念の為、神奈川からは北と南に分かれて二校が出場できます。長女が通う東海大相模は北ブロック。強豪の横浜高校は南ブロックなので、不運なことが無ければ順当に出場枠は捉えるだろうと思っていました。スポーツが盛んな学校なだけに、応援に行かなければ欠席扱いになると聞きましたので、決勝は横浜スタジアムに行こうと妻とも決めていたのに、まさかの準決勝敗退。慶応に叩かれました。私の母校は法政二校。やはりスポーツが盛んでしたが、当時から現在に至るまで野球は強い方ではありません。昭和35年、巨人OBの柴田選手がいたころに優勝経験があり、古豪と言われていた時代もあったと聞いています。それだけに、今年の夏は甲子園に行けそうだねと家族で盛り上がっていました。わが母校に期待できない分、娘の学校がきっかけになると楽しみにしていました。娘は現在2年生。来年こそ、初甲子園を経験したいと願う父でした。

鈴木鈴木 久雄
6月に梅雨があけ、以降暑い日が毎日のように続いていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。個人的に暑さはあまり苦手ではなく、むしろ好きな方ですが、今年はちょっと参っています。部活でサッカーをやっていた頃、夏の練習が終わって乾いた後のユニフォームが、塩分で白くなっていたのを思い出しますが、それでもバテる事無く練習や試合に明け暮れていたのが今では懐かしいです。ただ、ここ数年は年齢のせいか、自律神経が上手く機能しないようで、空調との切り替えが、体の中でスムーズに出来なくなってきているようです。それでもやっぱり夏は好きです。当たり前の事ですが仕事中心の日々の中でも、甲子園の高校野球をテレビ観戦したり、プロ野球を観たり、そしてなにより、昼の長さが夜よりも長いのがいいです。日が暮れるのが早いと、なんとなく寂しい気がしてならないのです。これも年齢のせいかもしれません。

秋山秋山 武志
サッカーW杯はブラジルやドイツが途中敗退するのは予想外でしたが予想通りフランスが優勝しました。もうひとつの予想通りはアルゼンチンの敗退です。あれだけ最高の選手達がいるのに能力を活かせずチームになっていませんでした。改めてサッカーはひとりの力だけで勝てるものではなく、またひとりでも走らず、ベストを尽くさない選手がいれば勝てないスポーツだと思いました。それに比べフランスは選手達の特徴を活かしながらチームとして機能していました。そしてなにより監督が素晴らしかったです。決勝ではカンテ選手を途中で交代させたのは、今までの活躍や実績を考えれば難しい判断だったはずですが、あのままだったら負けていたと思います。過去の栄光や価値観ではなく現場の状況でベストな判断をしているので予想外の事が起きても対応が出来るのだと思います。だから選手達も納得して同じ方向で戦えるのでないでしょうか?デシャン監督。いつかは日本で。

部長雨宮 厚
夏が暑いのは当たり前ですが限度ってものがあると思います。それに伴い我が家の麦茶消費量も正比例もしくは二次曲線を描きます。冷蔵庫の麦茶ポット大忙し。そこで2台目を投入。これはポットの裏に茶こしが付いており緑茶のお茶っ葉を入れられる仕掛け。流行の水出し茶が出来る!なんてグッドな商品!我が家ではこれをオチャッパーと呼んでおります。これで焼酎の緑茶割もどんどんやれちゃう。オチャッパーを開発したメーカー様に大感謝です。ところが・・5回に1回ぐらいでこの茶こし部分がポット内で脱落。ナイロンネットの漏斗状のものがポット底部分へ沈下し茶っ葉がモワンとお茶の中に広がります。一度こうなってしまうとポットのお茶の中に手を入れて取り出すのもなんだかなーという感じ。この場合は注ぐ時に茶こしで対応。やはりお茶は茶こしを使うのが日本の文化。便利な文明の利器もこの文化には敵わないという事かと思う今日この頃です。

菊田菊田 正臣
私はJリーグのFC東京ファンなのは、以前にも記載させていただきましたが、今季FC東京はなんと2位!長谷川監督になってから、チームがガラッと変わって、とてつもなく勝負強いチームになりました。昨年からいた選手も、全然違う選手になってしまいました。特に東選手。こんなに走る選手だっけ?と驚きました。走る目的がはっきりしていたら、人間さぼらず走るんだなと。本当に監督って大切なんだなと痛感しました。仕事でもスポーツと一緒で、上に立つ人が良いか悪いかで、働く人のモチベーションや能率が変わってくると思います。サッカーでも技術や選手の能力だけではなく、モチベーションだとかマネジメントだとか、目に見えないものが重要視されるようになってほしいなと思っています。選手が生き生きとプレーしているほうが見てて面白いですからね。

組田3組田 智晴
平成30年豪雨災害でお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。ご遺族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。今年の夏は記録的な猛暑となり全国のどこかの都市で連日40℃超えとなり日中の外出などは危険なので控えて早朝もしくは夕方以降を推奨されておりますが、真冬よりも真夏の方が動きやすいので、社会科見学もかねてウォーキングをしてきました。コースは近所でもよかったのですが、暑さに負けて即撤収とならぬように東京と設定。見学の方はついでに歴史も学べる場所と決めて電車で東京駅まで行きスタートいたしました。皇居・武道館・千鳥ヶ淵・国会議事堂・新橋・銀座などを散策しましたが、至る所に歴史的な建物や街並み道路一本までにも歴史が詰まっており、時間がいくらあっても足りなかったので、次回のウォーキングを効率よく廻れるように現在計画しています。

中川宗中川 宗任
7月15日サッカーW杯決勝でフランスがクロアチアを4対2で下して2回目の優勝を飾り、1ヶ月に及ぶ大会が幕を閉じました。しかし私は声を大にしてお伝えしたい「本当に」面白いヨーロッパサッカーはここからが始まりだと…。その理由はこの時期の風物詩「移籍市場」が開幕するからです。去年の移籍市場最大のトピックスは、今回のW杯でも活躍したブラジル代表ネイマールが、バルセロナからパリ・サン・ジェルマン(PSG)に約284億円という過去最高額での移籍でした。先頃ZOZOTOWN前澤社長のプロ野球球団買収が話題になりましたが、過去にDeNA」が横浜ベイスターズを買収した額は180億円でしたので、いかにヨーロッパサッカーがバブルに湧いているかが分かります。特にPSGはカタールがチームオーナーなので巨額の資金力を誇り、私が応援するマンチェスターシティー(MC)と合わせて金満ツートップと揶揄されます。因みにMCのオーナーはUAEの王族です。

竹内竹内 憲二
夏です!暑いです!バイク乗りにはとてもつらい時期ですが渋滞ナシ、駐車場探しナシのメリットがあるのでなかなかやめられません。今、毎日乗っているバイクは購入してから5年経ちましたがまだまだ元気に走ってくれます。車検もなくガソリンとたまにオイル交換と点検ぐらいで維持できるので非常に経済的です。ただし、タイヤだけはクルマよりも気を遣うかもしれません。バイクのフロントタイヤは特に大事ですね。フロントタイヤは路面からの情報をダイレクトにハンドルに伝えてきてくれます。特に雨の日は路面の状況は目でも確認をしますがやはりタイヤから伝わる感覚のほうがわかりやすいかもしれません。なので、タイヤについては国産のちょっと高めのタイヤをセレクトしています。クルマに比べて半分の2本で済みますし、なによりも新しいタイヤの乗り心地がとても良いです。いまのタイヤはかなり走行距離も進んでいるのでそろそろ変え時ですがもう少し涼しくなったら変えたいです。

お姫雨宮 千鶴
傷口からバイ菌が入り、あっという間に腫れて、痛くて歩けなくなってしまいました。15年程前に高血圧とめまいで1週間入院したことがありますが、今回はそれを上回る10日間。右足蜂窩織炎と診断され、1日点滴3回、消毒して薬を浸み込ませた包帯を巻き、保冷剤でアイシングする毎日。トイレに行くにも人魚姫が人間になった時はこんな痛みでなかったか、と思うほど。寝ていてもズキンズキンと疼痛がやってきて痛み止めも効かない時がありました。人は無くしてから初めてそれがとても大事な事だと気付くといいますが、普通に歩ける事がいかに幸せな事であるか、物言えぬ野生動物は、痛みに耐え自然治癒力にまかせるしかないのに、病院で治療を受けられる人間はなんて有難いか、人は1人では生きて行けないな、等と様々な事を考えました。現在も治療中ですが歩けるようになり、入院で延期となっていた子猫3匹を先日預かってきました。これから里親探しに邁進します。

中川中川 志保
この数か月で大きな自然災害が立て続けに起こりました。大阪北部地震、西日本豪雨で被害に遭われた方、関係者の方々には心からお見舞い申し上げます。少しでも早く日常生活に戻れることを願ってやみません。これからのシーズンはゲリラ豪雨や台風がやってきます。私は九州出身ですので、比較的暴風や大雨には慣れていると思っていました。空が不気味に暗くなり、ゴォーとなんとも言えない音というよりも、地面が鳴いているような、何かに飲み込まれそうな、そんな怖さは何度か体験しています。そんな時は何も手につかず、ただただ台風が通り過ぎ去るのを待つだけでした。けれど今回起こった水害はそんな規模ではなかったと聞きます。本当に怖かっただろうなと想像します。私の通勤途中にある横浜駅周辺は土地が低いです。使用している電車は地下3階がホームです。地震が起きても、水害が起きても、電車に閉じ込められてしまったらと考えるととても怖くなります。

小島小島 暁子
鎌倉にある聴導犬育成の会から二歳のミックス犬を譲っていただきました。聴導犬ではないのですが他の犬と一緒にしっかりと躾られている子です。ドッグフードと共にやってきたのですがとても臆病。一緒に暮らしていた仲間から離されて寂しいのかケージの中でクンクンと鳴くばかりで食欲もなし。大丈夫だろうかと心配していたのが五月のころ。それが今や広くもない部屋の中で器用にボールを放っては自分で取りに行くことを覚え、縦横無尽に走り回っています。家人によると私が帰宅する三十分前には玄関に座り込んで帰りを待っているとか。うっかり寄り道もできなくなりました。引っ込み思案で怖がりの子から甘えん坊へ、そして暴れん坊へと変身して楽しそうに遊ぶ姿を見ていると家族に迎えることができて本当に良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。私たち家族が彼女を選んだのではなく、彼女が我々のところを選んでやってきてくれた気がしているこのごろです。