No.114 2018年9月号 2018年10月に『認知症保険』が発売されます

201809

損保ジャパンひまわり生命では提携代理店へ『認知症を学ぶ』のではなく『認知症を体験する』することで認知症のある方への理解を深めるVR認知症プロジェクトを行っています。介護保険は現在でも発売されておりますが、認知症保険は未発売のままでした。2018年10月より認知症保険が損保ジャパンひまわり生命から発売されることになり、VR(バーチャルリアリティ)技術を使って認知症の中核症状を体験することができます。

認知症を体験できることで認知症に対しての負のイメージの払拭や認知症のご家族を介護する側の気持ちを変えることができます。認知症になってしまったことにより想いを表に出せなくなってしまい、その代償として起こす行動が『周囲には理解できない行動』になってしまうことがあると言われています。

このようなセミナーを受講している当社の営業職員は介護や認知症になってしまったご家族を抱えるお客様の想いに少しでも共感できればと考えております。認知症保険の申込みの際には、ご家族の連絡先を登録いただくようになっております。

ご契約者様が認知症となってしまった場合、保険金のお支払い手続きが困難になるケースや、ご契約そのものを忘れてしまうこともあるとも思われます。ご登録いただいているご家族は本来、ご契約者のみが取り寄せできる契約内容の詳細や各種の保険金の請求お手続きができるようになります。また、ご登録のご家族様宛てに認知症などの病気に関する情報や各種サービスもご案内させていただきます。

 

スタッフの最近のできごと


社長雨宮 豊
車を修理に出しました。春に駐車場で当て逃げに遭いフロントバンパーの下にキズがありました。我慢して乗っていましたが、この度お客様先でバックの折、お客様へ笑顔で手を振っていたため後方の車止めポールにリアバンパーをゴツン。前と後ろのキズではさすがに格好悪いのであきらめて修理の運びに。いつもお世話になっている修理工場から代車の日産マーチ(少し年代物です)の代車を無料でお借りしました。久々のリッターカー、軽快な走りと視界の良さで気分はルンルン。楽しく使わせていただいておりました。しかし、西日本豪雨の影響で部品が届かないとのことで修理期間が思わぬ長期化。途中、ゴルフがありクラブを修理車に乗せっぱなしであることをすっかり忘れていたためクラブ無しでゴルフ場へ到着!。コースの貸しクラブを使わせていただき難無きを得ました。この借りたクラブがとっても手に馴染んだので思わず同じモデルをネットで購入。瓢箪から駒でした。

植谷植谷 豊
毎年のように更新される異常気象。今年の夏は例年になく暑かったですね。当家には犬が二頭いるため、リビングのエアコンは当然つけっぱなし。次女の部屋にはハムスターがいるので、この部屋もエアコンは常時オンになっています。家計は妻に任せているので電気代など気にした事など無かったのですが、たまたまテーブルの上にあった電気料金の案内を見てびっくり。十年ほど前になりますが、当時はマンション住まい。当時も犬は居ましたが一日中エアコンをつけたことなど無かったのに、記憶を辿れば一万八千円ほどでした。エアコン自体の節電能力のアップに加え、宅内の照明器具は全てLEDにしました。更には東京電力からエネオス電気に変えたからか、料金は一万円ちょっと。えっ、こんなに安くなったの?と思いよーく見てみたら、なんと7月分の案内でした。月が変わり早速ウェブで調べたらやはり高額な請求でした。エアコンが故障して死者が出る病院がある時代。この猛暑では高額になるのも仕方ないですね。

鈴木鈴木 久雄
やっと暑さもひと段落し、秋の虫が鳴き始めるようになり過ごしやすくなりました。月日の流れははやいもので、お盆が過ぎるとすぐ年末年始を迎えそうで、そんな感覚に毎年捉われます。とは言え、このまま秋になるとは思えませんで、まだまだ残暑が続くような気がします。そんな中、今年も例年通り、中旬に遅めの夏休みを戴き、ドライブがてら温泉に浸かってこようと計画しています。行き先は何時も家内任せで、あまり遠くへはいけないので、だいたい関東近辺に限られてしまうのですが、毎年出かけていると、新鮮さに欠け、ただ行って帰って来ただけになってしまいます。それでも出かけないと、仕事だけの日々になり気分転換も出来ない毎日になりそうで、又、家内も出かけたがるので恒例にしています。私自身、運転が好きなので、そして温泉に浸かるのが好きなので、全く苦にならない、むしろ、楽しみにしています。安全運転で楽しんできます。

秋山秋山 武志
趣味で続けているサッカーですが今シーズンはまだ無敗です。次回の最終戦に引き分け以上でニッパツ球技場での準決勝に進めます。相手は過去の対戦で勝ったことのない強敵ですが負けないサッカーをすれば勝ち進めます。ただ元々違う環境でサッカーをしてきたメンバーの集まりなので、価値観や考え方はバラバラです。負けないサッカーと言っても理解している人が少なかったのは驚きでした。サッカーは点を取らないと勝てないスポーツですが、逆に点を取られなければ負けません。リーグ戦なのでスコアレスドローでもいいのです。失点をしない戦い方をすればいいのですが、その戦い方を知らないみたいでした。これは団体競技としては致命的です。全員が理解して同じ方向で共同作業をしないとチームとして成り立ちません。チーム練習する機会があればいいのですが時間がありません。ただ頭のいい人達の集まりなので話し合いで理解し合えると思います。さあ勝負です。

部長雨宮 厚
電気スタンドが壊れました。家内がネットで「1台3000円だから2台買おう。」と大盤振る舞い・早速買い物へ入れ速攻到着。明かりの種類が3種類切り替えられ調光も効かせられる優れ物。枕元へスタンバイ。スイッチONしたがなんとつかない!私「これ何か変だよ」妻「長押しするんだよ」一分くらい押していたらつきました。就寝時、読書をしようと長押ししますが我慢できずに寝てしまいます。こんな事が2週間ぐらい続きこっそり妻のスタンドと取り換えてみるとたちまち点灯しました。やっぱり私のは不具合だったのです。翌日、妻「取り換えただろ」私「えへへ」妻「辛抱が足りん」などと言っておりましたが流石にクレームを入れあれこれした後、新品がもう1台送られてきました。結果、不具合品の返送もする事不要で3台になりました。教訓としては人の痛みは自分に起きてみないと解らない。主義・主張をちゃんとしないといけないと思う今日このごろです。

菊田菊田 正臣
先日大人になって初めてキャンプに行ってきました。うちの家族と保育園のお友達3家族の計4家族です。場所は西丹沢、日時はお盆の初日で、道路激混み、到着に3時間半です。到着束の間すぐにお昼を食べて、初めてのテント張りをし、タープを張っていると雨が。嫌な予感がしました、すぐに止みましたが、雨が降ったせいですごくわちゃわちゃしまして、子どもたちを遊ばせていたらすぐに夕飯の支度と、慌ただしく1日が過ぎていき、気が付くと子どもたちを寝かせて22時。ここからやっと一息つくことができました。夜静かなところでゆっくりするのはとても心が癒されますね。程よいところで皆さん寝たのですが、私は夜更かししてサッカー見ていたら大雨が降ってきました。朝起きるとタープの下になかったものはビショ濡れになっていて、止んでいるうちに乾かしたり。結局2日目は雨が降ったり止んだりで撤収も大変なキャンプになりました。一体誰が雨を呼んでいるのか。前回集まった時も台風だったような。

組田3組田 智晴
「暑いですね」と今年の夏は例年以上に口に出すくらいの酷暑でした。「草食系男子」・「弁当男子」・「水筒男子」に続く新たな「〇〇男子」が生まれ今年はじめて耳にしたのが「日傘男子」。有名どころでは、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市ですが、その他の都道府県でも連日の35度越えとひと前の暑さとは明らかに異なるのと同時に日差しも異なるので今年になって「日傘男子」が現れたのはシミ・そばかすを気にしての事ではなく日陰を欲しての事だと理解し来年は私も日傘をさしているかもしれません(笑)。話は変わりますがこの酷暑のなか短距離ですが数回自転車に乗ることが出来ました。春秋がベストですが、昼前くらいから乗りはじめたっぷり汗をかいて、夕方過ぎたころの涼しさを感じると、また機会があったらと癖になるくらいスッキリします。暑い中過度な運動をするのは大変危険ですが、汗をかくということの気持ちよさを感じた夏でした。

中川宗中川 宗任
近年、自然災害のニュースを頻繁に耳にしますが、折に触れて皆様も「災害時の備え」について考慮されているかと思います。しかしながら、水や食糧の準備はしていても現金の準備については見落としがちです。実は、金融庁の発表によると、東日本大震災の4日後にはほとんどの金融機関が営業を再開していたそうです。そのため、数百万円という大金を用意しておく必要性はないと言われます。ただし、ATMが利用できなかったり、お金をおろすのに半日並ばなければなかったりということもありますし、十分な小銭を金融機関でも用意できず、紙幣のみの取り扱いになることもあります。また、ライフライン共に復旧するのがスーパーマーケット等の商店です。水や食料品が購入できる非常にありがたい機会ですが、商店側がお釣りを用意できなかったり、クレジットカード類は使えない可能性もあります。ですので「災害時の備え」には千円札と各種小銭のご用意は必要です。

竹内竹内 憲二
F1イタリアGPで久々にライコネンがポールポジションを取りました!現役最年長の38歳が2004年にモントーヤが記録したモンツァサーキットのコースレコードを14年ぶりに更新して、さらにF1史上最速の平均周回記録263.588km/hのおまけ付です。予選ではフェラーリのチームメイトのベッテルの後方2.5秒ぐらいで予選アタック開始で上手くスリップストリーム(今はトゥと言うらしい)を使って最終コーナーのパラボリカでベッテルを0.161秒上回って見事にポールポジションでした。決勝レースでは、スタートラップにハミルトンとベッテルが接触して僚友ベッテルがスピンして最後尾となってしまいメルセデス2台のチームプレーに阻まれてタイヤを早々に使い切ってしまいラスト数週のところでハミルトンに逆転されてしまいティフォシたちは意気消沈。結果は2位でしたがボロボロになったリアタイヤがよくゴールまで持ったと思いました。表彰台で『優勝できなくてゴメン』のコメントが痛々しかった。

お姫雨宮 千鶴
我がキャットプラザにやってきた三匹の子猫達。子猫はすぐに里親さんが決まると聞いていましたが、御多分に漏れず白黒の美人さんは磯子区へ、三毛猫の可愛い子ちゃんとやんちゃなオスの黒ちゃんは二匹一緒に戸塚区へもらわれて行きました。ミルクを与え、風邪をひいてグシュグシュだった人懐こい黒ちゃんを獣医さんに診てもらい、目薬を差し鼻水を拭き、里親さんに引き渡す前々日に白黒ちゃんの爪が割れて血だらけになり仰天して獣医さんに再度通い、おもちゃで一緒に遊んだり、思う存分室内を駆け巡ること三週間。預かりのお世話は気を遣って大変でしたが、情も移ってしまい、仲良くじゃれあって遊んでいたきょうだいを引き離すのは心が折れました。里親さん宅へと向かう車の中、異変に気付いた三毛猫ちゃんが鳴いて大変でした。わかるのですね。もう三匹一緒のあの光景は二度と見る事は出来ない。ガランとしたケージを見て夜ひっそりと泣いてしまう私でした。

中川中川 志保
韓国に興味がある人は、兵役制度について見聞きしたことがあるかと思います。私は好きなバンドが、今年の春~夏に入隊したので、少し兵役について調べてみました。が、あまりよくわかりません。というのも、韓国語が全くわからないことと、国防にかかわることなので、そんなに情報が出てこないからです。ただ私にとって大事なことは、いつ兵役が終わるのか、ケガなく無事に出てきてくれるかです。19歳を超えると、ある日突然強制的に入隊になり、毒ガスの訓練や銃を撃ったり、人を殺傷する訓練を受けることになる日本人はいません。なので、現実離れしすぎて想像するのは難しいです。聞いた話では、食料を持たず何日も山にこもり、生き抜く訓練をする過程で、食料は捕獲した蛇で凌ぎ、それも生のまま丸呑みするとか…何というか、特殊な環境で、人格が変わってしまう人も出てくるのではないかと思ってしまいます。肌に合わない人もいると思いますので…。

小島小島 暁子
我が家に八匹の仔犬が産まれたことがあります。親犬二匹と合わせて十匹を飼うのはとても無理!ということで、動物病院などにポスターを貼り里親を募りました。当時ミックス犬は珍しかったので全員優しい家族の元へ巣立ちましたが、その時の仔犬達の反応が不思議でした。希望者が我が家に来る↓この子を譲って↓どうぞどうぞ!という具合に貰われていくのですが、準備をするので後日迎えに来ます!というケースが三組ありました。ワラワラと楽しそうに遊びまくる仔犬たち。玄関チャイムが鳴ればドドドとばかりにお出迎えをするのが常でしたが、ある日準備ができた里親さんが迎えに来てもその家族へ貰われていく子だけが出ていきません。テーブルの下や部屋の隅に隠れて震えています。三匹全員がそういう反応でした。本能的に兄弟と離されることに気づくのでしょうか?胸がチクリとしましたが後日訪ねてみるとどの子も皆幸せそうに暮らしていて安心したのでした。