相続を放棄しても生命保険の保険金は受け取れます!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s相続財産はプラスの財産だけではありません。
借金などのマイナスの財産も相続財産となってしまいます。

税法上、プラスの財産だけを相続するということはできません。
マイナスの財産ばかりで相続を放棄した場合でも、生命保険の保険金は受け取ることができます!

 

ただし、いくつかの条件があります。

まずは、契約者と被保険者が同一人であること!
この契約形態であれば、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金受取人の固有の財産となります。

例えば

契約者と被保険者が旦那さんで
死亡保険金受取人が奥さまの場合は

奥様が受取った死亡保険金は奥様の固有の財産となります。
亡くなってしまった旦那さんの財産ではない

借財が多いなどの理由で、奥様が旦那さんの相続を放棄している場合でも
生命保険の死亡保険金は受取ることができます。

 

余談ですが税制上は
”みなし相続財産”という位置づけになり相続税の課税対象となります。

 

法人の役員様や事業主の方などで、
銀行などからの借入がある方は適切な金額で生命保険に
加入しておくと何かとご安心ではないでしょうか?