No.127 2019年11月号 台風15号・19号の被害に伴う公的支援など

201911今年の台風は昨年に引き続き横浜市でも多数の被害が出てしまいました。ご被害を受けられた皆様には一日も早く復旧がなされ日常生活が送れますよう心よりお見舞い申し上げます。また、台風により住宅などに被害が発生してしまった方は公的支援のご確認をおすすめ致します。公的救済・支援制度を受ける場合には、まず消防署で罹災証明が必要となる場合があります。

罹災証明の発行は無料ですので、お近くの消防署にお問い合わせください。消防署で発行された罹災証明を区役所の窓口へ持参して相談すると、固定資産税・都市計画税の減免や市県民税の減免、市税徴収猶予や国民健康保険・介護保険料、後期高齢者医療制度保険料の減免・徴収猶予、保育所保育料の減免などの公的支援が受けられる場合があります。

損害保険では、台風の強風による屋根や外壁の破損、床上浸水などの水災などが補償されるケースがあります。当社のお客さまであればお電話でお問い合わせいただければ詳しい補償内容などをすぐご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

自然災害は人間の想定を超える大きな被害が発生してしまいます。特に地震や台風ではじっと揺れや雨、風が収まるのを待つしかありません。今までは大丈夫だから今回も大丈夫だろうと安穏としていると命の危険さえあります。

天気予報が最近では気象衛星や観測機器の発達によりかなり精度が高くなっています。研究に費やされた苦労や費用は万が一の災害のときに多くの人を助けることができます。台風の予想進路などはほとんど誤差がないのではないでしょうか?

来てしまう台風は避けようがありませんが、台風による被害を減らす減災は皆様が考え、事前準備することで建物や家財などの財産や人命を守ることができるようになります。今後も続くであろう地震や台風・大雪などの自然災害に備えていただければと思います。

 

スタッフの最近の出来事


社長雨宮 豊
「少年寅次郎」NHKの土曜ドラマです。皆さまご存知、松竹映画「男はつらいよ」シリーズの主人公、車寅次郎の出生の秘密や生い立ちを描いた全5話のドラマです。原作は映画の監督でもある山田洋次氏の初めての小説「わるがき寅次郎の告白」だそうです。日本人にはお馴染みの寅さん。お正月映画の定番でしたね。映画のキャラクター全員が戦前戦後に逆戻りします。寅やさくら、おいちゃんやおばちゃんの30年40年前の姿が本当に丁寧に描かれています。特に映画では登場しない寅の父親、祖父、母親は本当に興味深く観ることができます。このドラマ、今年一番の傑作だと思っています。はまっております。特に井上真央さんが演じる母親の光子さんが良いですね。本当に愛情深く寅を育てるその姿に毎回感涙しています。寅さんの女性好きは大好きな母へのオマージュなのですね。私も含めて世の男性が何故か寅さんが好きなのはこの辺に秘密があるのかも知れません。

植谷植谷 豊
世間では何かと様々な出来事があった十月でした。台風十五号の災害復旧が進まない中、さらに強力な台風十九号の上陸。ラグビーワールドカップでベスト8に全勝で進出した日本の決勝トーナメント、南アフリカとの試合開催。そして令和天皇即位礼正殿の儀。最後は何かと騒ぎが起こるハロウィンの仮装行列。ただし今年は渋谷区の頑張りで昨年のような騒ぎは無かったようで安心出来ましたね。しかし考えさせられますが、今どきの若い子達はエネルギーが有り余っていて、発散場所が無いのでしょうか。にわかラグビーサポーターと言われる方々は、そのルールもはっきりと分からない中、ただただトライやゴールで盛り上がり、騒ぎまくる。騒いでも良いお店や屋根のある所ではどう騒いでも構いませんが、公の場では我慢して欲しいものです。現在野球の国際大会が開催されておりますが、サッカーやラグビーと違い若者が騒ぐことは有りません。やっぱり野球はオジサン世代のスポーツなのかなと考えさせられる今日この頃。

鈴木鈴木 久雄
前回、姪の結婚式で遅めの夏休みを取り仙台に出かける話をしましたが、運が悪いというか台風とぶつかり、かといって何としても出席したかったので、台風の過ぎた13日の結婚式当日、朝早くに車で出掛けました。出て間もなくして首都高速の通行止めに遭い、何とか川崎から入り川口までは順調に行けたのですが、またしてもそこで通行止めに遭いました。しかし、ここまで来て諦めるのは厭だったので、4号線を下り高速に入れる所を探し、何とか仙台に行き着くことができました。唯、着いたのが夕方5時半ごろで、いうまでも無く結婚式は終わっていて新郎新婦と写真を撮るだけでした。その後、2次会で兄弟や新郎新婦と過ごせたので取り敢えず行って良かったと思っています。そのような中、4号線を走っていて、水害で車が屋根まで浸かっていたり、青森や岩手ナンバーの緊急車両が台数を連ねて支援に向かう光景を眼にしました。自然災害の怖さを感じた1日でもありました。

秋山秋山 武志
W杯ラグビーが終わりました。日本はベスト8に進んで、日本中が歓喜に湧きました。それにしても南アフリカは強かったですね。特にSH(スクラムハーフ)の選手はレベルが違いすぎて、日本は何度も苦しめられました。MVPには南アフリカの別の選手が選ばれましたが、個人的にはこの9番のSHが選ばれてもいいと思っていました。SHはパスを供給する裏方みたいなポジションなので、あまり評価されにくいのかもしれません。SHと言えば日本で大会直前まで先発が有力だった選手が大会に入るとベンチ入りさえもできない選手がいました。怪我とかではなくHCの判断ですが、今までずっと試合に出ていたのに、本人はショックだったと思います。それでも腐ることなく同じポジションのSHが活躍すると喜んでいました。正に全員が同じ方向でチームとならなければ成り立たない団体競技の醍醐味です。ワンマンの組織ではなく、ワンチーム。こういう組織はやはり強いです。

部長雨宮 厚
公共交通機関。今回の台風対応は前日より計画運休。土曜から日曜にかけての対策で本当に良かったと思います。前回の計画運休解除は平日でそれは凄まじいものでした。一応我が家でも台風に備えカップ麺やカセットコンロのボンベ、乾電池、お風呂の水溜などの対策を家内がしておりました。スーパーに行くと食品関係がスカスカ、たまげました。また、大型店など休みとなっています。電車が動かなければ働く人がこられず、物流トラックも動けないのは当然でしょう。テレビ中継では渋谷・新宿・新橋と全く人がいない映像が映されていました。これほどの影響が起こる中、計画運休を決断されたのには頭が下がります。また、その後の運転再開など運行計画のやりくりなど神の領域の作業でしょう。電車がちょっと遅れたり、停止位置がちょっとずれたりしても文句を言いません。関係各位皆様のご努力の上に毎日の生活が保たれているんだなと思う今日この頃です。

菊田菊田 正臣
8月に水泳を始めた息子ですが、なんと体操をやりたいと申しまして、どうしてなの?と聞いたら。水泳は待ってる時間が長くてつまらないと言われました。確かに直近の時間は進級テストで、特に人のテストを待っている時間が長く、座ってばかりでつまらなかったようです。ああ確かに納得と思い、とりあえず体操教室を調べて桜木町の駅近くで、教室があり早速体験に行ってきました。姉弟で行ったので一緒に体験させてもらったのですが、普段人見知りする息子が全くせず、最初からテンションが高く驚きました。それ以上に2人だけなのもあり、水泳と同じ50分ですが中身が濃いし、実際に子どもたちの出来ることや動きが良くなっていくところが見て実感でき、すごく良いなと感じました。隣で見ていた社員の人が、年齢が違うのに一緒に受講しても良いと言ってくれたり、さらに時間割もずらして変えたりと融通を聞かせてくれて、何でかなと思ったら社長さんでした。

組田3組田 智晴
屈強で雑な感じの男たちがぶつかり変な形のボールを追いかけ、やたらにルールが難しいという思い込みで興味のなかったラグビーですが、今回日本代表以外の試合もネット観戦しました。野球、サッカーほかの日本代表と比べて断トツで日の丸を背負って戦っているのが感じられ、試合中試合後もフェアで紳士的な魅力あり、国を背負っている感じが好感持てるスポーツで食わず嫌いと思い込みは良くないと思い知らされました。話は変わりますが、自転車に乗るのにベストシーズンとなってきたので御朱印巡りをしてきました。どこの境内も紅葉前の緑と静寂な雰囲気、そして時間がゆっくり過ぎている錯覚と日常から離れたリラックス感、貴重な体験ができる事にハマっていて、鎌倉では自転車の機動力ともベストマッチで新たな自転車の楽しみ方が増えており、御朱印帳は常に携行しています。しかしながら本日御朱印を頂く間に境内で写真撮影に夢中になり、忘れてくるというミスをしてしまいました。

中川宗中川 宗任
先日、南アフリカ代表の優勝でラグビーワールドカップが幕を閉じました。実は私、高校時代ラグビー部に所属していましたが暫くラグビーから遠ざかっていて、今回久しぶりにテレビ観戦しました。私がラグビー部にいた頃に比べて自由で楽しい競技になりました。今大会を見て最も進化を感じたプレーが「キックパス」です。ご存知の通りラグビーは前に投げてはいけない競技ですが、蹴る事は許されています。私は小中学校時代サッカー部所属で蹴る事に自信があり自主的に「キックパス」の練習をしていましたが、監督から確立の低いプレーとされ、志し半ばで練習するのを禁止された苦い経験があります。ラグビーボールは楕円形で蹴るのが難しく、更に動きながら蹴る「キックパス」は非常に難易度の高いプレーで、その当時は殆どお目にかかる事のできないスーパープレーでした。そんな「夢のプレー」が何度も見られた今大会、私にとって忘れられない大会となりました。

中川N.S.
11月3日はずっと心待ちにしていた日です。私は韓国のCNBLUEというバンドのファンです。メンバーの一人、ヨンファが兵役から11月3日に除隊しました。期間はおよそ1年8ヶ月。入隊時は、不正入学事件に巻き込まれていて、未解決のまま、突然の入隊になってしまったので、悲しみでいっぱいでした。彼は多くを語らず、本当に静かにひっそりと入隊しました。後でわかったことですが、この問題になった大学院では、採用が教授の裁量でできるそうで、入隊して半年後くらいに、教授の一人が逮捕され、ヨンファは嫌疑なしと判断されました。ヨンファがマスコミに何ヶ月間も犯罪者のように報道されている時も、この教授は最初の報道から1カ月後には普通に大学院で講義をしていて驚きました。私の感覚では今回の場合、教授だけでなく、大学院側にも責任はあると思ったので…定員割れをしていた事実と、採用が教授の裁量でできるという、あいまいな規定になっていたのだから。

菅野S.T.
2019年ラグビーワールドカップ、盛り上がりましたね。日本はベスト8の大健闘!この感動を記憶に残したい…と調べたところ、桜神宮でラグビーワールドカップ日本開催記念の御朱印を10月末まで頒布しているとのことで早速行くことに。その日は即位の礼と重なり、天皇陛下御即位奉祝特別御朱印も併せていただいて参りました。朝から雨で寒かったからか、列は少しだけでした。5月1日の令和元旦に寒川神社に参拝した際は、御朱印をいただくのに105分並んだので、ちょっと拍子抜けでした。その後は、靖国神社と東京大神宮へ。靖国神社では拝殿の幕を掛け替えるシーンに遭遇、紫色と白色の両方を見ることが出来て、ラッキーでした。帰りに立ち寄ったセルフサービススタイルのコーヒーショップで、お金を支払おうと箱を見たら…なんとミニ御賽銭箱。かわいくて、思わずお願いごとをしながらお金を入れてしまいそうに。いいアイデアだし、近くに神社があるお店ならではだなと思いました。

山口山口 文代
初めまして。11月1日に入社しました。よろしくお願い致します。社長のクラークと言うことで、自身でも初めての役割なので、皆様にご指導いただきながら精一杯頑張りたいと思います。簡単な自己紹介ですが、明るさと根性だけはあります。話に夢中になると声が大きくなり、面白いことがあると笑い声が少々大きくなってしまうので、極力気を付けていきたいと思います。趣味と言いますか、最近はまっているのは、世の中の流れに逆らわず、ラグビー観戦です。ワールドカップの日本の試合をテレビで観戦する度に涙が止まりません。終わってしまいましたが、「ノーサイド・ゲーム」を観ても、ずっと泣いていました。こんなにひたむきなスポーツは高校時代も部活であったにも関わらず、何故私は見向きもしていなかったのかと、とても後悔している今日この頃です。今度の同窓会で、元ラグビー部員に謝ってきます。

お姫雨宮 千鶴
二年前の夏、近所のコワモテの餌やりおじさんから教えてもらった衝撃の茶トラ猫、茶々丸。何が衝撃って、彼は飲み屋街のバーとバーの15センチ程の隙間に住みつき、そこには風で飛んだ紙皿や誰が捨てたかわからない汚れた靴、食べ残しのピザや空き缶、地面はヌルヌルで、綺麗好きな猫が好む環境ではなかったのです。最終的に安心出来る居場所として居ついた場所がこことは、なんて不憫なのでしょう。バーのマスターに聞けば東北の震災の頃からいたとの事で、既に6年以上過酷な状況を生き抜いて来た茶々丸。絶対ここから助けるからねと心に決め、近隣から文句を言われ、捕獲器を仕掛け、周囲と交渉し、餌やりを続けてようやく助け出したのが今年の一月。体つきと表情からオスだと思っていたのが避妊済のメスとわかり、茶々丸改め茶々と名付けました。ところが先日、茶トラのメスは三毛猫のオスに続いて珍しい、二万分の一の確率と知り、これまた衝撃。茶々、君は本当に奇跡の猫だね。

竹内竹内 憲二
参加しているアマチュアバンドのライブのお誘いが年末年始に続きそうです。普段は月2回ほど横浜市のスタジオなどでリハを行い毎年少しずつ曲を入替えて毎年来てくださるお客さまへ飽きられないように努力しております。歌謡曲が中心のバンドでボーカルの歌唱力があるため僕のギターも下手さが目立たず、毎年懲りもせずにステージに立っています。メンバーは全員僕より年上でかわいがって頂いています。音楽理論や楽器の知識、機材の設定など皆さん腕に覚えがある方ばかりでいろいろと勉強になります。リハは間違えているところやバンドの一体感を目指してパートごとに意見を交わすこと、実際に弾いてみる、しっくりこないところは繰り返し練習することもよくあります。プロではないのでバンドに割ける時間や費用も多くはないですが、休日の3時間ほどでも好きなことに打ち込める仲間がいることに感謝しています。そろそろバンド歴も10年を超えてきたので腕前を上げなくてはいけません。独学でしか弾いたことのないギターをしっかり一から勉強するためにギター教室にでも通ってみようかとも思っています。自己流では気が付かないことに気がつくかもしれません。