No142 2021年2月号 緊急事態宣言延長です

202102

2021年・令和3年の年明けから感染者数が急増したため、二回目の緊急事態宣言が出てしまいました。テレビやネットを見れば、新型コロナ関連の話題が常に報道されているため、いつでも最新の新型コロナウイルスの情報が嫌でも目に入ってきます。

2月に入ってからは感染者数も緊急事態宣言の効果もあり、減少傾向にあることで少し安心しています。皆さん一人ひとりが、昨年から引き続き新型コロナウイルス対策を行ってきているので、世界各国と比べて日本の新規感染者数などの数値が抑えられていることを考えると、やはり日本人は他者を思いやることができる国民性なのではないかと思います。

海外の新型コロナウイルスによる被害の現状と日本国内の状況を簡単には比較はできませんが、日本人の生真面目さといった気質を再確認されている方も多いのではないでしょうか?

新型コロナウイルスによる健康面や生活面での影響は未知であることが、治療方法が確立されていないことなどで今後も不安感が続いていくと思われます。経済活動を止めずに新型コロナウイルス感染拡大防止を行う。この難問に対しては、決定打があるとすれば予防効果のあるワクチンが開発されて、ワクチン接種者が格段に増えることであることを十分に理解されていると思います。

新型コロナウイルスは、日本国内でも誰もが感染してもおかしくない状況下であると思います。家族や親戚、会社や学校、友人や仲間などで感染を連鎖させないように、現時点で有効とされているテレワークやソーシャルディスタンス、マスク着用などの無理なく取り入れられる対処方法や新しい生活習慣を実践して感染拡大防止を行うことが大切です。

子どもたちに集団予防接種を行うのは、過去に克服した感染症から守るためと、現在では、高齢者に対して肺炎球菌や毎年、変化しながら流行するインフルエンザから守るための予防接種が実施されています。新型コロナウイルスのワクチン開発と集団予防接種が早く実施されることを期待しています。

 

スタッフの最近のできごと


社長雨宮 豊
テレワーク生活も3カ月目に入りました。みなとみらいのホテルの一室を借りていましたが、コスト高のため先月末からウイークリーマンションへ引っ越しました。バストイレ別のワンルーム、一人には十分です。物件選びの際はどれも新築に近いマンションばかりで目移りしてしまいました。食器や家電製品まで一通り揃っていて不自由なく気軽にオフィス開設ができました。保証金等もなく初期費用不要なのにも驚きで、コストはホテルの3割です。そんな中、朝の散歩を楽しんでいます。気に入っているのが橋巡り。大岡川や帷子川に架かる橋は関東大震災後の復興で昭和3年前後に竣工したものが多く、風情があります。お気に入りは大岡川にかかる道慶橋。袂には道慶地蔵尊も祀られています。この橋には楽しい趣向があります。親柱上に錫杖の上の遊環(丸い鉄の輪)が飾られています。これを指で触れてみると、清らかな音が辺りに響き渡ります。朝の秘かな楽しみです。

植谷2 20200831植谷 豊
先日の朝食後、珍しく妻が本を読んでいました。何の本かと覗いてみると、高血圧を撃退する特効食と書かれたレシピ本でした。私の持病と言えば「高血圧」です。そういえば先週の土曜日の午後、帰宅してパソコンの前に座りメールのチェックをして振り返った時、いきなりの目まい。えっ、何が起きたの?と自分に問いかけ、気が付いたら足元にあった血圧計を手にしていました。計測してビックリ。上が196の下が111でした。やばいと誰でもわかる数値です。思わず手元にあった降圧剤を飲みました。即効性の薬では無いので、しばらく横になっていました血圧の数値は正常なものでは無く、更なる不安が頭をよぎります。週明けに主治医に相談に行きました。血圧は時に乱高下するものです。今回は目まいが原因で血圧が上がったと考えるのが正しいでしょうと仰せ。精神安定剤を処方されました。そんな私を見て心配した妻は何とかしようと思ったのでしょう。妻に感謝する今日この頃です。

鈴木鈴木 久雄
この冬は何となく暖冬のような気がします。というのも、朝出社する際、例年なら車のフロントガラスに霜が降りていることが何度かありましたが、この冬はまだ一度しかありません。また、このコロナ禍で、自宅でリモート会議に出たりしていますが、自宅の窓から遠くに富士山が見えるので、それを背景に参加しています。その富士山ですが、今年は雪が少ないのか山肌が白く見えない日が多く、中にはマグマが溜まり、その熱で雪が溶けているのではとネットで目にすることもありました。等々、これもまた気候変動の影響なのかと思いますが、私の年齢からすると寒いよりは動きやすいので助かります。唯、冬は冬らしく、夏は夏らしくないと中には困る方達がいらっしゃるのであまり喜んではいられませんが、それ以上に地球規模の災害等気がかりなことが沢山あって、かといって自分は何をすればいいとか、何もしていないのが現状です。

秋山秋山 武志
緊急事態宣言の中、ステイホームが続いています。そんな中、家で料理をする機会が増えました。今、よく作っているのがカレーです。ほとんど毎週のようにカレーを作っています。基本的には、いかに合理的に美味しく出来るかがテーマで頭をフル回転させて作っています。市販のカレールーだけでなく、色々なスパイスや調味料を組み合わせて料理をしながら想像力、ひらめき力を鍛えています。若い時は新しいアイデアがどんどん湧き出てきた感じでしたが、最近は頭が固くなってきたのかアイデアが出にくくなってきている感じがします。もしかしたら失敗を恐れて小さくても無難に収まればいいという意識があるのかもしれません。怪我をしたくなければ走らないで歩けばいいのですが、それでは成長は出来ません。早く走ればその分、転ぶと大怪我をするかもしれませんが転ばない方法や転んでも怪我をしない転び方を学べばいいのだと思います。失敗は成功の基。先人の教えです。

部長雨宮 厚
先日〇モリ倶楽部で高校地理が必須科目になると(2022年から)言っておりました。番組中グーグルアースで鉄工所の映像の紹介がありやはり目で見るのと教科書だけでみることの違いを感じました。思い起こせば高校時代、地理は苦手で、どこの地域が何の名産地で生産高がどの位かとの事は生活に関係ないのではと考えておりました。それから四半世紀以上たった現在、社会の中で生きていくには実は一番大事な事なんじゃないかと改めて思います。また、現在の科学の進歩、衛星写真でどこの映像も見られるなんて!もっと言えばグーグルマップでさらに詳細な画像をいながらにして見られるなんて!10年ぐらい前に初めてグーグルアースが出た時に確かナスカの地上絵とか万里の長城を見て感動した事を思い出しました。今では当たり前に利用している様々な機能、これからはもっと進歩していき、いつの間にか当たり前になっていくのかとも思う今日この頃です。

菊田菊田 正臣
毎年町内会で餅つきがあるのですが、今年は中止となりました。つきたてのお餅と豚汁は子どもたちも楽しみにしていたのですが残念です。そのせいか、妻が家で炊き出しするんですかみたいな量の豚汁を作り、これでしばらくは安泰だと言い出したので、毎日豚汁ですかといいたい気持ちをグッとこらえました。これも一種のコロナによる呪いなのかなと。1月は明るい話題もありました。決して豚汁が悪い話というわけでないのですが、FC東京が長谷川体制下、初めてのタイトルを獲得しました。おめでとうございます。対戦相手がコロナのクラスターにより、決勝戦が延期となり、今年は一番コロナ禍に振り回されたチームだったな~と思いましたが、終わりよければすべてよし。1月4日きっちり優勝しました。日本代表2人移籍。終盤エースがけが。満身創痍の中、若い選手が活躍し優勝したことは今シーズンの開幕に向けて励みになりました。いやー、ほんと泣きました。

組田3組田 智晴
コロナ禍でリモートワークが浸透してきていますが、弊社も例外ではなく3密回避と同時進行で出社率の関係もありリモートワークを実施しています。お客様にはご不便をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申し上げます。悪いことばかりではなく、私の感覚ではございますが副産物もあります。片道30分通勤時間がなくなりほかにも従来事務所で打ち合わせをしていましが、PCで気軽に出来るようになりました。なかでも一番の収穫は寝るだけの為に使っている汚部屋で久しぶりに仕事することになったので、まだ完成してはいませんが、初心に帰り掃除したり片付けたり自転車を置いてみたり息子と娘が野球で使っていたグローブを置いてみたりとマイナス思考になりがちですがプラスと捉え、良い気分転換にもなり快適空間に変わる匂いもしてきました。あとは一日も早く収束して、また美味いビールを仲間と飲める日が来るのを待つだけです。

中川宗中川 宗任
先日、イングランドサッカー1部のプレミアリーグが下部カテゴリーのクラブに総額約350億円を支援する事を決定しました。莫大な金額ですが、それ以上にイングランドとサッカーの結び付きの深さを知るとても興味深いニュースでした。イングランドにおいてのサッカーは社会の中心であり、非常に小さい町にも存在し、イングランド人の殆どが老若男女を問わず「おらが町のクラブ」をもっていると言われています。新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中でイベントの中止や無観客での開催が相次いでいますが、イングランドも例外ではなく、開幕したもののこれまで無観客で行われています。プレミアリーグでは感染者が抑えられている地域から段階的に観客を入れての開催がすでに発表されていますが、無観客試合の財政的ダメージは大きく、特に下部のカテゴリーのクラブは致命的となっていた為、イングランド国民全員にとって朗報になったようです。

笹井笹井 英明
皆様、お元気でございますか?ハートプラザ笹井でございます。早いもので2021年ももう一か月過ぎてしまいました。色々ある世の中なので、いい話が出来ればと思います。一月のハートプラザ通信で横浜駅の駅員さんの話をいたしましたが、しばらく見ないと思っておりましたが、久しぶりにお会いしたので仕事の仕方を電車が到着するまで拝見しておりました。彼は電車が来るとしっかりと指差し確認、すごいのは電車が見えなくなるまで安全確認、上りに移るときは乗客に軽く会釈をして移動します。それでいて乗客案内はきっちりします。中々いないですよ。好きこそ物の上手なれと言う言葉がありますが、本当に鉄道が好きなのだなあと思わされます。そしてお客様ファースト。最高です。ジェーアールの方、もし彼が社員でなければ、是非社員に採用お願いいたします。「いい仕事していますねー」って感じになりますので。宜しくお願いいたします。合格!

中川N.S
年始の緊急事態宣言が出る前のことですが、姪の吹奏楽部県大会があるということで、知らない場所ではありましたが見に行きました。着いてみると、大きな会場です。オペラもできそう!パンフレットをみると、座席は2000席あると書いてあります。豪華です。なるほどと思いました。中学2年生の姪は、コロナ禍で文化祭も修学旅行もなくなったそうです。吹奏楽部の大会も軒並み中止になったそうですが、それではあまりにもかわいそうということで、大会主催側と先生方の総力で年末に大会を開けることになったそうです。そういう事情があるならと行くことに決めたのですが、このコロナ禍どうやって行うのか尋ねたら、学校内で選抜した8人以内で演奏、演奏時間は5分、観客は目当ての学校の演奏直前しか会場には入れないというルールでした。そしてチケット代は2000円、要するに5分2000円ってことですね。なかなかお高い演奏会でしたが、立派な姿を見ることが出来て有意義でした。

菅野S.T
毎年楽しみにしている大相撲初場所。今年は緊急事態宣言下での開催。そしてなんと白鵬、鶴竜の両横綱をはじめ、初日から関取16人(最終的に19人)が休場という異常事態に。それでも今場所の私の楽しみは推し力士、大関正代。新大関となり迎えた先場所は5日目からケガで休場となり、14日目にチケットを取っていた私は取組を観ることが出来ませんでした。なので、今場所はケガなく千秋楽を終えられてよかったです。令和三年初場所は大栄翔関が初優勝。本当に本当に強かった!追手風部屋から初、埼玉県出身力士で初となった優勝。ちなみに2016年から6年続けて初優勝の力士が誕生しているそうです。過去の巡業でもらったサインを見返してみましたが、残念ながら大栄翔関のサインはありませんでした。もらっておけばよかった…。コロナ前は本場所同様、巡業も楽しみの一つでしたが、今は逆で、巡業の方が楽しみとなっています。お相撲さんと触れ合いたい!この願いが叶う日が早く来ますように。

山口山口 文代
今年の節分で、恵方巻きを予約しました。昨年節分当日に恵方巻きを買いに行った私は、仕事帰りの19:00〜20:00、最寄りの駅のスーパーをあちこち回り、それでも欲しいものがなく、売れ残りの商品ばかりで散々な目にあったからです。今年は引換券を持って悠々と19:00頃にお店に行き、商品が売り切れている中、悠々と買って帰れました。一昨年のクリスマスもクリスマスケーキで同じ思いをしていたので、クリスマスイブの2日前にケーキを買いに行き、これまた欲しいケーキをしっかり買うことができました。何事も、先手を打っておくことが大事だな。と、痛感している今日この頃です。ちなみに、お正月のお節用の野菜は、クリスマスイブに買いました。クリスマスを過ぎると、お節に使う野菜がとんでもなく高くなるのです。根菜は日持ちしますが、三つ葉は一か八かで買っておきましたが、コップに水を入れて花を挿すように三つ葉を入れておいたので、全然大丈夫でした。クリスマスの食事は、クリスマスイブ前に、お正月料理の買い出しは、クリスマスイブに。お仕事で帰りが18:00を過ぎてしまう主婦の方、これ、おすすめです。

お姫雨宮 千鶴
1月生まれ、年が明けるとすぐに誕生日を迎える私は、今年母が亡くなった年齢と同じ年になりました。24歳の時に私を産んだので、もう24年間母のいない日々を過ごしてきた事になります。渋谷まで通学していた頃、部活が終わると、早く家に帰って母に会いたくて、仲間との語らいもそこそこに電車に飛び乗ったものでした。勤めていて多忙なのに、朝は掃除と洗濯を必ずして出かけ、帰りは夕飯の買い物をして、様々な食事を作ってくれました。母親を小学生の時に亡くしていた母は、女性としての嗜み、心がけは祖父が愛情を持って育てあげ、明るく女性らしい人でした。父とは恋愛結婚で初デートでは恥ずかしくて真っ赤になりながらアイスを食べたとか。イメージ出来る。可愛いなあ。満州から引き揚げて来て日本全体が大変だった時代「掃きだめの鶴」と言われていたらしい。少しは私も似れば良かったのに。来世は料理好きで家庭的な可愛らしい女性に生まれて来よう。神様お願いしますね。

新後藤後藤 千加世
いつの間にかもう節分。緊急事態宣言中のせいなのか、お正月が随分前のことに感じられます。外食は我慢。外出も必要最低限に抑えてるものの期待してた程感染者数は減少せず。まだまだ、この生活が続くのかと思うとストレス溜まりますよね。何か気晴らしを!!と思い、テレビで放送された不織布カラーマスクにハマってます。人気の血色カラーは完売入荷待ちですが、イエロー、パープル、ピンクにフラワー模様入りの三色を購入。明るく春っぽいパステルカラーを、日替わりで着用。毎日の通勤が楽しくなりました。ミントグリーンとオレンジも購入してみたいですね。あとの2月の楽しみはと言うと、、、例年今月末頃には、自宅 隣の公園で河津桜が満開します。お弁当を重箱に詰め、ビール持参で花見。隣なので酔っても直ぐお昼寝出来ちゃうんですよ。夫婦2人で三段御重のお弁当は食べ過ぎかもですね。この一年、自宅 での手作り料理に燃え、食費が掛かります。

竹内竹内 憲二
今年もコロナの影響でF1の開幕が遅れるのかな?と思うとまた楽しみの一つが少なくなります。3/28にバーレーンから開幕と年明けにF1カレンダー改定のニュースを見ました。2戦目には、セナが事故でなくなった高速のタンブレロコーナーがシケインになって昨年に復活イモラサーキットがとありましたが決定ではないようです。また、今年も最終戦は12月に入ってしまうためか終盤戦はオーストラリアや中東エリアでのレースが組まれています。流石に12月のヨーロッパや北半球では気温が低すぎるためF1マシンがレースをすることは難しいと昨年でわかったんでしょね。日本GPの鈴鹿は例年通り10月開催ですが最近は台風が10月になっても上陸するため雨絡みのレースになると面白いので好きですが、フリー走行や予選が中止になって残念なことにもなりそうです。コロナが流行ると楽しみがなくなる。つまらない年にならないようにしたいですが、F1のように世界規模のイベントがスケジュール通りに進むことでちょっと安心できるかもです。