法人向け保険見直し

法人の保険商品は個人向けの商品とは少し異なる点があります。特に損害保険の場合はお店や会社の営業に関わるさまざまなリスクに備えてのご契約が多いと思います。
たとえば営業車の自動車保険や店舗や商品・在庫品の火災保険、飲食店などの賠償責任保険などです。このような損害保険はすべて経費として損金扱いとなります。
法人向け保険の見直しのポイントは営業に関わる賠償事故を起こしてしまったときにお客様などへの救済が十分にできるかということです。対象となる事故・ならない事故などを十分に把握していることも重要です。また保険料も各種の条件や売り上げなどの保険料算出の基礎数字を再確認することで適切な保険料でご加入いただくことも大切です。
さらに福利厚生として、傷害保険、生命保険や年金などで従業員の方々の勤務中のおケガや病気休養時の給与保障、退職金積立を活用いただくことで税制効果も期待できます。