生命保険の見直し

まずは公的な保障額を把握します

生命保険は定期的に見直しが必要です。CMなどでイメージが先行しがちですが本当に必要な保障内容や保障金額を検討したことはありますか?
『誰のために? いつまで? 金額は?』
商品性も大切なポイントですが老後のことまで視野に入れたプランニングをお勧めいたします。
また、健康保険や各種の年金など公的な保障がどのようになっているのかなどチェックしてきます。民間の保険会社に【足りない】部分を契約することで保険のムダをなくすことができます。