No.67 2014年8月号 災害に備えるために

6926068ac31668c83abac6da29a220b6_s夏場はいろいろな事故が多い季節です。交通事故や水害など死者が出てしまう大きな事故も連日のように報道されていますので、ぜひとも細心の安全対策を取っていただければと思います。

交通事故はドライバーが十分に注意をしていれば避けられる場合も多いと思いますが、台風や集中豪雨、雷、竜巻などの気象現象が起きてしまったら避けようがありません。特にここ数年の異常気象による被害が大きいため、災害に備えて準備をしておくことで被害を最小限にとどめるための減災が重要視されています。

災害時には何よりも優先されるべきは人命ですが、住宅やクルマ、会社の社屋、工場、商品や製品、農作物などの損害額や、ライフラインが寸断されることで経済的な損失も発生してしまいます。

損害保険はこのような様々な損害に対して、補償をすることができる唯一のものですが、あくまでも損害にあったものの価値までが上限となります。たとえば、ゲリラ豪雨で道路が冠水してしまいクルマも水浸しになってしまった場合、損害保険で補償されるのはクルマの時価額(いわゆる中古車価格)までとなります。

クルマ自体の損害は自動車保険で補償できますが、クルマが水浸しになったことでの時間的、経済的なロスのほうが大きくなってしまう場合も考えられます。そこで事故や被害に遭ってしまった場合でも、その損害が大きく多岐に渡って発生しないように減災することが必要になってきています。

地震や台風など大きな被害が発生するケースほどこの減災という考え方は非常に有効だとクローズアップされています。また、一概に減災と言っても様々な方法がありますので絶対に確実な減災方法はないと思われます。お客様の家やお店、会社などの立地条件やお仕事の内容などにより千差万別です。

当社では、お客様それぞれの災害リスクを再確認して、もっとも有効な減災の方法や災害時の対応方法などをご案内するリスクコンサルティングを行っています。大切な資産や営業利益を災害時でもいかにして守っていくかがポイントです。さらに全国的に損害額が下がっていくことでお客様からいただく保険料も下がりますので長期的な保険料コストの削減にもなります。

リスクコンサルティングはぜひおススメしたいサービスのひとつです。


スタッフ近況報告

社長雨宮 豊
ハリウッド版「ゴジラ」が公開になりました。無類の怪獣映画好きの私。早速観に行って参りました。家内も「一緒に行ってあげる」と言うので連れて参りましたが上映10分で熟睡。大迫力、大轟音の劇場内でよく眠れるものだと関心しつつ、私はズッポリはまって鑑賞いたしました。今回のゴジラは名作です。1998年に前回のハリウッド版ゴジラが公開されましたが、これには失望させられました。その姿は本来のゴジラとは似ても似つかない巨大なイグアナ。マグロの群れを追ってアメリカへ上陸するという情けないその習性。アメリカ人が作ったゴジラだからと諦めましたが主演のジャン・レノがもったいない駄作でした。今回はグッドですね。昭和29年第1作「ゴジラ」のディテールをしっかり織り込み、特撮ではなくフルCGですが動きに深みのあるゴジラに仕上がっています。家内に内緒でもう一度観にいこうと思っています。是非、劇場の大スクリーンでご覧ください。

植谷植谷 豊
8月は毎年恒例ですが、某法人のお客様の旅行会に参加させていただいていて、今年も北海道に行ってきました。北海道と聞けば当然涼しくて快適なイメージですが、日中はこちら関東地方と変わらないほど暑くてビックリしました。地元の人に聞いてみましたが、年々暑さは厳しくなっているとのこと、異常気象はここまで来たかと感じました。旅行会と言ってもゴルフが主で、観光はほとんど個人任せなので合間を見つけては近所を散策しています。今回はすすきのからタクシーに乗って20分程で行ける中央市場と大倉山ジャンプ台を見学しに行って来ました。市場と言ってもいわゆるおみやげ屋さんが店を連ねている様子で、毛ガニやタラバ蟹、メロンや桃が店先に大量に並んでいました。タクシーの運転手に聞いた所、リピーター率が高い店ほど間違いは無いと言われ、そのお店を紹介してもらいました。今は購入した毛ガニが届くのを待っていますが、リピーターになれるかどうか楽しみです。

秋山秋山 武志
弊社は様々なネットワークがあります。例えばお車に関してはトヨタ、日産、ホンダ、マツダ等自動車ディーラーや整備工場、買い取り業者等のネットワークがございます。弊社のお客様であればお車の購入からメンテナンス、売却まで特別な条件でご利用頂けます。もちろん事故の時も万全な体制で対応致します。そこで今回神奈川トヨタ様から期間限定で特別条件の自動車を提供して頂きました。車種は日本で1位2位独占の人気車のアクアとプリウスです。一見さんや一般のお客様にはめったに提供しない在庫車なので大変お得な条件で新車を購入する事ができます。デメリットは在庫車なのでメーカーオプションの装備を追加はできませんがナビやETC、ドライブレコーダー等ほぼフル装備です。限定3台ずつなので早い者勝ちです。もし興味がある方は担当者までご連絡下さい。この様に他社にない色々なサービスがありますので保険以外の事でもお気軽にご相談下さい。

部長雨宮 厚
先日、神奈川某所でメロン(あみあみもの)が6ヶで500円で売っていました。これはお買い得と早速購入。冷やして食べてみると甘みが薄く且つ後味に独特のエグ味が・・。安物買いの銭失いですがあと5ヶもあります。そー言えば以前「キュウリに蜂蜜をつけて食べるとマスクメロンになる」とテレビで見た記憶が・・。2個目は蜂蜜をつけ食べてみました。すると確かに甘みが当然増し、エグ味も感じません。キュウリに蜂蜜でメロンなら、メロンに蜂蜜ならダブルメロンって事ですか。子供に言わせると「これは今噂の食品偽装ではないのか!」とごもっともな意見を言われてしまいました。次はジューサーでメロンジュースにしてみました。これも蜂蜜を添加しそこそこグッドでした。後の3ヶは牛乳と蜂蜜をいれメロンオーレにしてみようと思います。ともあれ知恵と技術を総動員して少しでも美味しく食べきろうと思います(絶対捨てないぞー!)

菊田菊田 正臣
娘は4月から保育園に通っているのですが、今日、娘を預けるときに泣かないので先生がすごいですねと言ってました。確かに他の子は慣れなくて大泣きしているのを良く見かけます。娘がしがみついて泣いた事なんて一度もないんです。先生に渡すと嬉しそうにするんですね。とても複雑です。それにしてもこの保育園はとてもいい園です。どの先生も子ども思いで良くしていただいてますし、布団のカバーやオムツも持ち帰りなどもなく、全て園でやっていただくので、私たちの負担が本当に軽くて助かっています。ただこの園は広さの関係で2歳児までしか預かれないので大きくなったら出て行かなければならないのです。できるなら最後までこの園にいさせてあげたいので、なんとか広い敷地を探して、園を大きくし最終年齢まで預かれるようにしたいと思っています。もし南区の弘明寺から蒔田周辺で50坪から100坪の土地が空いていましたら、是非ご連絡ください。

中川中川 志保
先日、会社の皆さんと取引先の方々が歓迎会を開いて下さいました。「好きな食べ物は?」と聞かれ、「タイ料理」と答えたのですが…タイ料理との出会いは、もう 18年ほど前になります。高校を卒業して友人と初めて行った海外がタイです。タイといえば、屋台でしょということで、当時、嬉々としていろいろ注文したのですが、率直な私の感想、『何?石鹸の味がする!!』世間知らずだったのですね。世の中にこんな奇妙な味のするものが存在するとは考えもしなかったんです。どこに行ってもほぼ同じ味付けで、初めての海外旅行はそりゃあ苦い思い出です。それが、人は変わるもので、今ではタイ料理は大好きで、パクチーなんかはもしゃもしゃ食べれます。で、歓迎会はどうだったかというと、だいたいの人が苦手だったようで、半ば罰ゲームのよう!? ですがなんと、お皿はきれい!!。入社したばかりの私は、早速皆さんに無理をさせてしまったようです(笑)

お姫雨宮 千鶴
私のバイブル「トーマの心臓」の話は以前もしましたが、5月、6月のスタジオライフによる舞台、ユーリ役の松本慎也さんを見たくてなんと4度も劇場に足を運んでしまいました。そしてまさに7月(ドイツ語でユーリは7月の意味なのです)! フェイスブックで知った札幌の友達からのSOSで、殺処分対象となっていたミックスの猫の事を知り、里親に手をあげ、7月8日に我が家に迎え入れたのが、現地での名前「小夏」改め、「ユーリ」なのです。右足の膝脱臼のため、歩くのに少し不自由ですが、日常生活に支障なく、先住猫のナイト達を追いかけ回す暴れん坊。優等生で委員長のユーリとは程遠い、元気ありあまるユーリに困惑気味な私ですが、先日、日本動物高度医療センターに診察に行き、脱臼を治す手術をしてもらう事になりました。完治するかは微妙ですが、猫並みにジャンプ出来る足になって、先住猫と仲良くしてもらえれば・・・優等生のユーリに育て上げるのが、目下私の目標です。

竹内竹内 憲二
夏ですね。梅雨明けして急に暑くなったせいかカラダがダル重です。夏バテ対策を考えないと今年はダメかもしれません。普段は原付バイクが主な移動手段なのですが、この暑さのため市内でもちょっと遠方のお客様のところへはエアコン全開のクルマにしています。炎天下の中、信号待ちでクルマに囲まれてしまったときのバイク体感温度はきっと50℃以上になってると思います。それでも、時間や駐車場事情を考えると原付バイクの手軽さや取り回しの良さは魅力です。ここ数年、原付バイクがメインですが、ガソリン価格も上昇してますので経費面でも魅力です。ただし、怖いのはやっぱり事故に遭った時です。気を付けて乗ってはいますがもらい事故や相手が無保険である場合も考えられますので、人身傷害補償はセットしてあります。夏になると、僕のようにバイクで移動をする方々が明らかに多くなってきています。信号待ちの交差点で信号が変わるや否やダッシュで交差点へ進入していくバイクの若者を見てちょっと怖くなる時もあります。安全第一を心掛けていきたいですね!