No.77 2015年6月号 たばこを吸わない人におススメの保険

2015065/31〜6/6までの間は「世界禁煙デー」に指定されているそうです。ご存知でしたか?禁煙外来でも健康保険が適用されるケースが増えていて真剣に禁煙と向き合う方も増えていると思います。最近の喫煙状況のアンケートの面白い記事がありました。

喫煙経験ありは、男性61%、女性28%ですが、過去に吸っていたが現在はやめている人が多いことと、禁煙経験者は男女ともに半数以上。また、禁煙して良かったことで、男性は「おこづかいが増えた」、女性は「肌がきれいになった」と、現実的な回答です。一方で、毎日たばこを吸っている人は、男性25%、女性13%でした。やはり、たばこを吸う人は年々少なくなってきている印象を受けます。

禁煙をしたい!と思っている人は多いと思いますが、なかなか実行や長続きができないですね。そこで禁煙をしたきっかけは?の回答では、1位は『健康の為』、2位が『たばこの値上がり』、3位は『体調を崩した』です。お金で買えない健康のために、お金を節約するために、という切実な事情が大半のようです。

また、驚きなのは禁煙外来やニコチンパッド・ガムを利用した人は意外に少なく、どんな方法で禁煙をしたか?との回答には、『ひたすら我慢』と『アメやガムで代用』が多く、禁煙にお金をかけることはしないようです。たばこと保険の関係では、たばこを吸わない人は保険料が安くなる生命保険があることを知らない方々が、なんと59%もいたことです。

これには私たち保険営業に携わる人間の努力不足を感じました。

また、現在、たばこを吸っていない人が大半なのに、このような生命保険に加入している人は1割にも満たない状況です。たばこを吸わない方で保険会社の一定の基準を満たす方は年間保険料でかなりの金額を節約することが可能です。たばこを吸っていない人と禁煙して1年以上経過している方は生命保険の見直しをおススメいたします。生命保険でも、たばこを吸わない人は保険料が割安になる商品も増えています。たばこを吸わない人は、よりお得になり、世間でもだんだんと肩身の狭くなっている喫煙者は生命保険でも残念なことになりつつあります。

 

社長雨宮 豊
皆様も捻挫の経験がおありと思いますが、先日、ひどい捻挫をしました。代理店協会がご招待を受けた屋形船のイベントがあり、私と代理店協会会長は集合時間の1時間前に集合場所のみなとみらいプカリ桟橋に着いてしまいました。これといってやることもないので会長と一緒に海を眺めながら呑気に歩いていたところ、おしゃれな歩道に地獄の段差があることに気付かず、右足から落下。無防備な私の右足つま先と足首は最近野放図に太った右半身の全体重をまともに受け止めグニャリと屈曲!「やっちゃった!」と思った時にはもう手遅れ。会長の肩を借りて待合室に何とか移動してしょんぼり出船を待ちました。見る見るうちに足首は腫れてパンパンになり足を地面に付く事も出来なくなりました。しかし、せっかくのご招待の屋形船です。片足でちょんちょん跳ね、皆様に助けられながらなんとか乗船。その後は捻挫も忘れてお酒を沢山飲んで楽しませていただきました。このお酒がその後の私の足首にとんでもない影響を与えたこと、皆様のご想像通りです。誰にも同情いただけませんでした・・・。

植谷植谷 豊
先日車の鍵を紛失して大変な思いをしました。中古で購入した時にメインの鍵と、スマートキーの2つしか無かったのですが購入後間もなくスマートキーが壊れてしまい、メインキーのみで生活していたのが間違いでした。当日立ち寄ったお店は全て連絡しましたし、乗車した地下鉄やJR、路線バスへも連絡しました。それでも届いてはいませんでした。仕方なく翌日鍵を作成して貰える業者に連絡してみたら、「イモビライザー付きの車ですのでパソコンを使ってICチップ入りの鍵を作成します。6万円になります。」と言われびっくり。色んな人に聞いてもらいましたがやはりそれ位はかかるとの事。自動車保険では補償の対象外ですが、どのみちドアを解錠してもらわなければならないので、ロードサービスデスクに連絡して取り敢えずドアを開けて貰うように依頼しました。そこで、オプションは了承の上で、鍵の作成をその業者にお願いできないか聞いてみた所、何と38,000円でオッケーとの事。2万円は得したものの、もう二度と紛失は致しません。懲り懲りです。

鈴木2鈴木 久雄
夕べ、錦織選手の全仏ベスト4進出をかけた試合を、途中まででしたがテレビ観戦しました。残念な結果は朝になって知りましたが、錦織選手の活躍で、それまであまり興味のなかったテニスが話題に登るようになったのは我が家だけではないような気がします。それまでは、野球、サッカー、バレーボール等日本人選手が活躍すると職場でも話題になりましたが、テニスの話題で盛り上がるような事はありませんでした。私自身サッカーをやっていた事もあってスポーツ全般に興味があり、これから女子サッカーのワールドカップや、男子の予選など、日本人選手の活躍を期待し、応援したいと思います。

秋山秋山 武志
テニスの全仏オープンは錦織選手の優勝が期待されましたが残念な結果でした。一昔前だったら日本人選手が準々決勝に進出しただけで大騒ぎでしたが今は錦織選手への期待値も高くなっているのでベスト8だとちょっと物足りない感じになってきました。4大大会に優勝する為にはまだ何か足りないのでしょうか?そう言えば以前にジョコビッチ選手が錦織選手はまだビック4のレベルではないようなことを言っていました。現在のランキングは5位なのであと少しなのですがそのあと少し差を超えなければ世界のトップ4にはなれないんだと思います。スポーツ界でもビジネスでもトップレベルの人の言葉は重みがあり勉強になります。今年の自分の目標は『超える』です。更に上のステージに上がる為には今まで以上に努力をしなければならないということなのでしょうか?テニスのことは分かりませんが錦織選手にあと何が足りないのかぜひジョコビッチ選手に聞いてみたいです。

部長雨宮 厚
伊勢神宮に参拝に行って参りました。かなり楽しみでしたので、ひとつこの際に古事記を読んで事前学習。なんとなく知っていたつもりの稲場の白兎や国譲りの話など改めて日本神話の面白さを感じました。そんな神々しいイメージで早朝参拝に行ったのですがスケールに圧倒されました。巨木の参道やみすず川は本当に空気が凛としていて、また日常の時間の流れとは違う感覚を覚えました。鳥居をくぐる時は左側通行、絶対真ん中は通ってはダメ!などなどお作法通りに御参りしました。宿に戻り一息入れておかげ横丁に行き、赤福でほうじ茶セットをたのみ縁側で食べました。やはり出来立てを本場で食べるとやっぱり美味い。座敷の中を燕が行ったり来たり大暴れ、この燕はきっと軒下に巣があると思うのですが夜はこのお店、戸締りどうするのか不明です。あと日本酒の白鹿の超和風の立ち飲み。内宮のご奉納も白鹿との事、ありがたやありがたやと結構酔っ払いました。

菊田

菊田 正臣
お蔭様で先月二人目の子どもが生まれました~!!男の子です。今回はちゃんと出産の立会いもでき、産まれたときは少し泣きそうになりました。親になってから涙もろくなりましたね。その後もなかなか母乳・ミルクを飲まなくて、体重がほとんど増えなかったりと、心配が絶えないのですが、二人目ということもあり落ち着いて子育てが出来ています。お姉ちゃんになった1人目の子も、弟が泣いていると教えてくれたり、添い寝してトントンしてくれたりします。もっと嫉妬したりするのかなと予想してたのですが、良い意味で裏に助かっています。しかし男の子だからなのか、母乳が好きであまりミルクは飲まないし、寝てても抱っこしないとなかなか寝なかったりと、一人目よりは色々手間のかかる子で、妻なんかはその分可愛く感じたりするんだろうなと思ってみています。もう少し大きくなったら、みんなで遊びに行きたいな~

組田3組田 智晴
先日久しぶりに自転車で江の島まで行ってきました。我が家のある南区の六ッ川から戸塚区の柏尾川沿いを大船駅付近まで走り数キロで江の島という道のりです。運動不足は分かっていたので事前に10キロ位の近所まわりを数回走ってからの江の島サイクリング近場の景色とは全く違うのでやはり自転車は気持ちよかったです。サイクリングは二人で行ったのですが江ノ島のなかへは入ったことが無かったようで、今回は海沿いの道路から江の島入りましたが、マリンスポーツ・ランニング・サイクリングに観光とすごく沢山の人が居て島の上まで上る気力が無くなりました久しぶりに見た海は綺麗なブルーでしたので二人して満足しました。とここまでが往路なのですが、往路があれば復路もありです。情けないかな翌日以降に筋肉痛が出ないようにタラタラゆっくり走り無事到着いたしました。梅雨になってしまいましたが、夏から少しづつサイクリングはじめようかと思いました。

中川中川 志保
今回は母のことについて。九州で生まれ育ち、ほぼずっと同じところで生活しています。今年65歳になり、この春地域の老人会に自動入会となりました。早生まれだったからか、最初名簿から名前が漏れていて、しめしめと思っていたそうですが、しっかり者の会長の奥様が気づき、改めてちゃんとお披露目されたそうです。老若男女いろんな方から祝福されたそうで、複雑な気持ちを隠しつつ笑顔でいるのは大変だったわよ!と言っていました。母はまだ現役で働いていて、なんと勤続38年だそうです。長く福祉に携わっていたということで数年前、社会福祉功労者厚生労働大臣表彰を頂きました。ここ最近は、「このまま死んじゃったら、働くだけ働いてそれだけっていう人生になっちゃう。」と少々焦っているようです。とはいえ、祖母の老人ホーム代を稼がなければいけないので、まだ引退はできないのが現状ですが、娘としてはゆっくりしてほしいものの働いている姿は頼もしいものです。

お姫雨宮 千鶴
庭いじりや野菜作りが趣味だった父と同居して以来、マンションのベランダにはプランターも置けないため、近くに貸し農園がないか探していた所、昨年末父が入所したグループホームからほんの500Mの場所に自産自消生活を推進する農園がある事を知り、早速見学、すぐに契約してきました。アドバイザーの指導の下、全く経験のない鍬を持っての畝作りから始まり、苗や肥料の選び方、コンパニオンプランツの存在や虫対策等、生涯勉強と改めて思いました。畝を寝かせた後、父も連れ出し、14種類の苗植えと3種類の種を蒔いて来ました。父のリハビリに良いと思って始めたのが、足腰が弱くなっており、私が主体となってお世話をすることになりますが、作業後シャワーを浴びると心地良い眠りが誘い、美容とダイエットにもいいなと感じ始めています。プチ・ベジタリアンとなった私には収穫も楽しみですが、ブームなのか若いイケメン君達も作業に来ていて、目の保養にもなっています。オバサンですね~

竹内2竹内 憲二
年々視力が低下していたと思っていたら、コンタクトレンズの提携眼科で視力検査をしたところ、ちょっと視力が回復していたと思ったら、実は老眼が出始めているので視力が上がっているようなんです。そういえば、テレビから手元のスマホの画面に目線を移動させるとなかなか焦点が定まらなくなってきていました。40歳を過ぎると、いろいろ残念なことになりつつあります。ぎっくり腰&四十肩&老眼ですのでカラダ全体が老朽化しつつあります。また、外出するときはコンタクトレンズを使っているのですが、装着するときは結構ラクにセットできるのですが、帰宅後にコンタクトレンズを外す時にかなり雑な外し方をしているため、定期的に角膜を傷つけてしまい眼科のお世話になっています。さらに、昼と夜の気候の変化が激しくて良く風邪をひいております。まだまだ、若いつもりでいましたが明らかにキズや風邪の治りが遅くなってきています。タバコはなんとか止められましたが、これからはお酒をやめて、自己管理をしっかりしないと成人病で辛い思いをしそうなので気を付けたいと思います。