No.79 2015年8月号 首都圏の火災保険が10月より⼤幅値上げ確定です

d4d14982a1f627b6b1ec518e52b9d0ed_s

 

今年の10月1⽇以降に新規でご加⼊、または満期となり更新いただく⽕災保険のご契約は⼤幅な値上げとなる見込みです。建物の所在地や構造により値上げ率は異なりますが、いずれの場合でも大幅な値上げとなることに変わりはありません。また、地震保険についても同じくここ数年で段階的な値上げを行っていく予定がニュース報道されていますので、この先数年間は火災保険、地震保険の更新時にかなりの保険料アップが想定されます。

値上げの主な理由は、台風、大雨、大雪などの自然災害がここ数年、全国的に大きな被害が発生しているからです。また、今後の気象状況の変化が予想できないこともあり、火災保険料のアップにつながっているようです。さらに、地震保険については関東圏の巨大地震の発生が高い確率で想定されていますので、東京・神奈川の地震保険料は今後も値上がりし続けると思われます。

今回のような大幅な保険料アップが予定されている場合、まず、保険料アップとなる今年の10月直後に満期を迎えるお客様やマンション一棟やビルなどの大型物件をお持ちのお客様へ情報提供をさせて頂き、今後の火災保険の更新スケジュールや補償内容、ご契約期間の調整を行い、必要性が高い火災保険・地震保険をお客様が無理なくご継続いただけるプランをご案内いたします。詳細な保険料についてはお気軽にお問合せください。

 

スタッフの最近のできごと


社長雨宮 豊
右足首の捻挫が治りません。子供の頃は捻挫をしてもすぐに治った記憶があるのですが歳をとるとダメですね。6月のハートプラザ通信で報告しましたが、提携修理工場ネットワークの屋形船のイベントで軽率に右足首を捻挫。薬局の貼り薬と塗り薬とで自己流の治療をしていましたが、連日の車の運転と7日に空けずのゴルフのラウンド、各種会議後の懇親会での連夜の飲酒等々、節制とは程遠い自堕落な生活。気付けば事故から2ヶ月たった今でも足首はモッコリと腫れていて毎日地味な痛みに悩まされています。もし捻挫をしたら簡単に考えずにすぐに医者へ行くことをお勧めします。後で聞いたところでは、骨折をしていなくても、ケガ直後はしっかり固定して湿布等の適切な処置が必要なのだそうです。当たり前と言えば当たり前のことですが、これを怠ると面倒なことになってしまいます。仕事も、健康管理も一緒ですね。猛暑が続きますが、暑くても怠けず、気を抜かず、当たり前のことを粛々とやっていきましょう!

植谷植谷 豊
先日私と同じ歳で、ゴルフ仲間でありお客様でも有る方が見事ホールインワンを達成しました。彼は某会社の経営者で、様々な会合にも出席する方なので、その話題は瞬く間に広がりました。当然ゴルファー保険には加入されていたのですが、その内容にビックリ。実は彼の実弟は私と同業者。なので当然損害保険は全て弟さんから加入していました。しかしその弟さんはゴルフをされる方では無かったらしく、ホールインワンを達成した時に負担しなければならない金額を理解していなかった為、何と補償額は25万円。記念品のタオルの注文時でそのほとんどが費やされたと聞きました。約二週間後、横浜の高級料亭で40人の客人を招待し、酒や料理を振る舞って結局百万円超は自己負担になったと聞きました。当然招待客の中には私も在席しておりました。このような風習は日本独自の慣習で、海外には存在しません。たった1個のゴルフボールが1打でカップインしただけの事です。えっ私ですか?当然最高額の百万円に入っていますのでご心配には及びません(笑)

鈴木2鈴木 久雄
毎日異常なほどの暑さが続きますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。私は、夏が嫌いではないのですが、年々こたえるようになりました。さて、夏の風物詩といえば数多くありますが、甲子園の高校野球が一番と思っている方は少なくないでしょう。私も大ファンで、まず出身地の岩手代表を応援し、続いて東北代表、神奈川代表の順で声援を送ります。岩手代表は、近年花巻東高校が代表になることが多く菊池、大谷両投手が出場したときは、自分の中でかなり盛り上がりました。結果はいい所で終わってしまいましたが、二人ともプロで活躍しているので、今も楽しませていただいています。プロで活躍している選手といえば、圧倒的にPL学園OBが多いのは周知の事ですが、そのPL学園野球部が廃部の危機に直面しているのは非常に残念なことです。神奈川でも、公立高校の統廃合で聞きなれない校名が増えてきましたが、OBとしては複雑な心境ではないでしょうか。

秋山秋山 武志
先日サッカーの試合に行って来ました。結果は2−3で負けてしまいました。今期は1度も負けていなかったのですが初黒星です。昨年の途中からチームに合流して今までは下から数えた方が早かったチームが今期は1位争いをしています。シニアリーグなので選手は40歳以上で構成されるのですが先日のチームは明らかに30代前半の選手が3人くらい混ざっていました(笑)若さはやっぱり武器ですね!上手い下手ではなく、ただスピードで負けてしまいました。しかも35度以上の猛暑の中の試合でしたのでフラフラになりました。1敗をしてしまいましたがあと残り2試合に勝てばリーグ1位となりニッパツ競技場で他のリーグの上位チームと決戦となります。横浜でサッカーをしている人達にとってニッパツ競技場でサッカーの試合をすることはひとつの名誉なのでなでしこジャパンのように最後まで諦めずに頑張りたいと思います。

部長雨宮 厚
夏真っ盛り。家内が熱中症でダウン!。掛かり付けの診療所で薬とOS1(経口補水液)をもらい「涼しい処で安静に」と言われて帰宅。しかし、3~4時間安静にしていたのですが熱が38.5度と下がらず、病院に電話をした所、「救急車を呼びなさい」との指示。まさかの救急搬送・ER行きとなりました。そこではひえひえの点滴を打って貰い三日間のドクターストップと診断されました。お医者様いわく「水分が腸から吸収されるのに30分掛かるのでこまめな水分補給とは30分おきに取ることが必要」と教えて頂きました。今回の事での教訓①睡眠不足が引き金、熱帯夜は我慢せず冷房をつけましょう。②OS1は平常時に飲むとかなりしょっぱいが発汗・脱水時には超美味しい(らしい)。③救急車の出動はほんとに多くて、来て頂いた車両は駅で5駅先の消防署から。報道の通り救急搬送多いのを実感・・・暑い日がまだまだ続きますが皆様どうぞご自愛下さいませ。

菊田菊田 正臣
昨日地元のお祭りに行ってきました。娘にとって初めてのお祭りでもありました。最初は人が多いせいもあり、戸惑っていてすぐに抱っこしてくれとせがんでいましたが、徐々に慣れてくると、他の歩行者に迷惑になるくらい走り回っていました。露天なども沢山出ていたので、子どもでも食べられるものがあるかなと探していると、パインを売っているお店を発見。もちろん食べたことはないのですが、早速買って食べさせてみると、ペロッと舌だけ出し、すっぱいって顔をして食べませんでした。そのまま放って置いたら、気づかないうちに全部食べていました。そのあと揚げ餅をあげたら美味しかったみたいで二つとも食べて、そのあとカキ氷を食べて、実家に帰ってから、焼きそばを食べて、牛乳を飲みました。あまりご飯を食べないので痩せている甥っ子がいるので、妹は心配しているのですが、ウチの娘にはそんな心配はいらないようです。

組田3組田 智晴
ここ5~6年位真夏の直射日光対策にゴーヤのカーテンをやっていたのですが、今年はゴーヤのネットを利用して朝顔に変えてみました。朝顔もゴーヤのネットを利用すると2階のベランダまで弦を伸ばし、一番大きな窓をそっくり覆い花もたくさん咲いてくれるので収穫したり食べる楽しみは無いのですが、直射日光対策としては大成功かと思います。食べ物を意識することで夏バテや連日の猛暑も乗り越えられるようです。きゅうり・なす・トマトなどの夏野菜には体温を下げる効果があるようです。他にもこんにゃくや昆布・豆腐などにも同様の効果があるようです。夏バテ防止には豚肉・豆腐・枝豆・うなぎ・いわしなどビタミンB1・B2をたくさん含む食べ物と酢・レモンなどのクエン酸を含む食べ物を組み合せることで夏バテ防止になるようなので意識的に食べてみようかと考えています。暑さ対策や夏バテ防止対策をご存知でしたらお伺いした際に教えて頂けたら嬉しいです。

中川中川 志保
病院で採血してもらう時、最近血糖値が低いと指摘される事が何度か続き、様子をみることになりました。この間の診察の時、やはり血糖値は低く、先生が私の顔をまじまじと見て、「脂肪はついているよね?」私は一瞬なんのことかわかりません。先生はちらっと私のお腹あたりを見ています。私はああ!と理解して、「いっぱいついてますよ」と答えました。「中川さんは、アスリートと同じだな。」私は頭の中が?です。アスリート?運動嫌いの私が?「彼らはエネルギー源を使い切ってしまい、よく低血糖になってしまうんだ。その状態といっしょだね」まだ頭の中が?です。「まあ、あなたの場合、使えるエネルギーはあるのに使おうとはしていないんだけど」「え?私の体は省エネってことですか?」いやいや違う、そういうことでない。そういえば、代謝が悪いという自覚はなんとなくあります。なので、岩盤浴はじめてみました。1ヵ月後には何か変化があるでしょうか?(笑)

お姫雨宮 千鶴
5月から始めた体験農園。日頃の忙しさにかまけて現地に出向くのは土日のどちらかですが、早くも6月下旬から実が付き始め、7月には、なす、ピーマン、ししとうの収穫が始まりました。中でも京野菜といえば賀茂なす!コロコロと可愛らしく出来上がり、初めて味噌田楽にした所、一流料亭のような出来栄えに大満足。そしてインゲン!これでもかという程、たくさん収穫出来ました。私は天ぷらが大好きで、母がよく作ってくれたインゲンの天ぷらは別格。早速意気揚々と揚げてこれまた大満足。次の週も大量に収穫出来、天ぷら粉にあえたところ、ぷくぷくと空気の泡が・・。え?と見たら黒いものが出たり入ったりしている・・。正体を暴くべく、恐る恐るそのインゲンを取り出し、包丁を入れたら、ム、虫が!! ほんの数ミリの小さな虫ですが大ショック。無農薬で育てているので覚悟はしていましたが、何も私の大好物のインゲンの中に住みつかなくても~~。でも、それだけおいしい野菜だという事ですよね。これからもめげずに野菜作り、がんばっていきます。

竹内2竹内 憲二
今年は戦後70周年で昭和に直して数えると昭和90年です。(昭和世代はこちらのほうがしっくり来ますよね?)また、よく考えると昭和20年生まれの70歳の方々でも戦争を知らない世代になってしまうほどの時間が経ってしまいました。8月が近づくと戦争の悲惨さを伝えるニュースのなかで、その時代を生き抜いてこられたご老人達が生き証人として当時のことを涙ながらに語る姿にグッと来てしまう自分に同じ日本人の血が流れていると再確認させてくれます。すでに戦争で辛い思いをされた人々よりも歳を取ってしまった自分の現在の有り様を比べてしまうと非常に申し訳ない限りで、日々精進を心がける所存であります!