No.82 2015年 11月号 生命保険の保険金受取人「同性パートナー」もOK?

201511厚労省のホームページでは、こころの病気として、性同一性障害の症状や治療方法、法的側面などが掲載されています。性別の判断には2つの考え方があり、生物学的な性別と自分の性別をどのように意識(ジェンダーアイデンティティ)するかに分けられるそうです。

一般的には生物学的な性別とジェンダーアイデンティティが一致しているため問題は起きませんが、一部の方はこの2つが一致しない場合があり性同一性障害と診断され、よく混同されそうな同性愛や服装倒錯とは明らかに違うようです。生命保険の死亡保険金の受取人は、配偶者や3親等以内の家族までとなっている場合が多く、同性のパートナーを受取人として契約をする場合の基準などは不透明で家族とのトラブルを避けるために生保会社は契約を断っていたと思われます。

ですが、最近、保険金の受取人の範囲を「同性のパートナー」にまで広げる動きが生保業界で起こったのは、東京都渋谷区で同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める制度をはじめたからかも知れません。第一生命などの数社の保険会社では、渋谷区で発行される「結婚に相当する関係」証明書で、戸籍上は第三者となってしまう同性パートナーでも生保の受取人として契約することが可能になります。新しい文化や考え方が、生保商品や契約規定にも反映されてきているようです。


スタッフ近況報告

社長雨宮 豊
今月で55歳になります。昭和50年代では定年の年齢です。のんびりと全国を旅行でもしてみたいのですが皆様の保険をお預かりしている大切な仕事上、まだまだ先の話です。現在、定年は60歳から段階的に引き上げられ、2025年には65歳定年制が完全義務化されるようです。超高齢化社会がせまる日本では元気な人には思いっきり働いてもらえる環境が必要なのでしょうね。そうは言いつつ、社会では55歳役職定年だの早期退職奨励だの仕事を辞めてもらう動きばかりが目立ちますよね。更に夢の各種技術の開発は人手のかかる作業を機械化させ、人々の労働の場を喪失させるという皮肉な結果を生み出しています。私の好きなディズニー映画に「ウォーリー」という作品があります。働く必要の無くなった未来の人類を小さなゴミ掃除ロボットの目線から描いた秀作です。物悲しくもユーモラスでそれでいて心暖まるやさしい作品です。好きなDVDを観て将来に想いを馳せてみる55歳の秋です。

植谷植谷 豊
感動しました。あっ突然失礼しました。先月号の続きになりますが、次女の運動会に行ってきました。応援団長を見事に努め、後輩たちに指導し、責任感の塊の姿に感動しまくり、涙腺が緩みまくりの父がそこにいました。知らないうちに子供って成長しているのですね~。運動会当日に備え連日の練習。声は潰れ当日は大丈夫だろうかと心配しましたが、かすれた声がそれでいて良いあじを出し、最初の一声で鳥肌。自分は~、白組応援団長の~、ウエタニアヤだ~!その声は赤組応援団長の男子の声より大きく、娘を知る知人の母親達の感動を呼んだと妻から聞きました。応援合戦が終わり、競技が始まりました。我が娘が出る競技は100M徒競走と騎馬戦。練習では頑張っても2位が最高位。騎馬戦は結構強いと聞いていました。本番では何と徒競走でぶっちぎりの1位。騎馬戦でも大活躍でした。このまま白組が勝てば有頂天に・・。神様は試練を与えた気がしました。涙に咽ぶ娘の肩を、そっと抱いてやる自分がそこにいました。感動をありがとね。

鈴木鈴木 久雄
どこで仕入れた情報かは忘れてしまいましたが、時折、思い出しては再認識しあれこれと思いを廻らすことがあります。それは、仮に健康寿命を72歳として、勿論個人差がありますので全ての人にあてはまる訳ではないのですが、自分の年齢を3で割り、24時間に当てはめる、ということです。例えば30歳の人であれば、午前10時ということになります。それがどうしたと言われればそれまでですが、私の場合もう既に21時、午後9時を過ぎてしまい残り時間があと僅かしかないということです。そこで、今更ながらあれこれと思い悩んだりしている訳ですが、元来性格が割りと楽天的なのでそれ程深刻でもないです。ただ、よく時間は全ての人に平等といわれますが、平等にあるはずの時間も、人によってその使い方が違い、それぞれの生き方に成って行くわけですが、唯間違いなく云えることは、時間は無限ではなく24時はいつか必ずやってきます。

秋山秋山 武志
先日自分の出身高校のOBチームに行ってきました。自分の高校のOBチームでサッカーをやるのはすごく久しぶりです。昨年から別のチームでサッカーを再開してちょうど1年経ったのでフルコートのサッカーにも感覚が戻ってきて、そろそろ大丈夫かなあと思ったのですが全然ダメでした。自分の予想以上にレベルが高すぎました(笑)昔からよく知っているメンバーですがみんな全然衰えていませんでした。しかも速い!20代の時と変わらないのではないか?というくらい速い!そんなハイスピードの中でサッカーをしたので肉離れをしてしまいました(泣)7年間サッカーを止めてしまったのでそのブランクをたった1年で取り戻そうとしたのが間違いでした。ただ怪我はしましたがみんな高い意識の中で高いレベルの環境でやっているので短時間でも学ぶことはありました。やはり人間はぬるま湯に浸かっていては成長できませんね! まだまだ勉強です。

部長雨宮 厚
今回はゴミ出しによるご近所のコミュニケーションで思った事。金属・危険物を出せる日のゴミ集積場に「とがり物が入っていますのでご注意」と張り紙が貼ってあるビニール袋。とがり物って何?と思いましたがこの情緒に感銘を受けました。張り紙を貼るひと手間と奥行きのある表現力、どんな人が出したのか想像してしまいました。また、他日ゴミを出しているとご近所のオバチャンが「お隣のお宅の花壇、いつも綺麗にしてるのに草ぼうぼう。奥さん具合悪いのかしら?」と問われました。全然気が付かなかったけど言われてみればそんな感じ。「いえ、存じません」と返答しました。そのお宅は2年くらい前に新築で越してきた若夫婦。気になります。そんななか、今日出かけに若夫婦が車でお出かけになる所に遭遇、奥様おなかが大きいようで・・。「ソウユウコトデシタカ」と一人合点しました。きっとコミュニケーションとはお節介や思いやりなのかな、と感じました。

菊田菊田 正臣
お子さんがいらっしゃる方は四季の森公園にある滑り台をご存知かと思いますが、先日家族でそこに遊びに行きました。娘は眠そうだったのですが、滑り台を見た瞬間テンションがMAXになり、大声で奇声を上げてすぐに滑ろうとします。もちろん順番待ちのお子さんもいるので、すかさず魔法の言葉「じゅんばんばん」。これを言うとお利口に順番待ちできるので助かっています。6歳未満は親御さんと一緒にというルールを守って一緒に滑りましたが、かなりスピードが出て、大の大人が普通に楽しんでしまいました。娘は無言で滑ってました。怖かったかなーと思ったら、降りるとすかさず「もういっかい、もういっかい」とせがむので、降りてきた落差を噛みしめながら、今度は階段をダッシュで昇りました。10kmの重り付きで。そのうち息子が歩けるようになったら、二人を担いで走らなきゃいけないと思うと、もっと鍛えないとなと思いました。


組田3組田 智晴

例年より一か月早い娘の運動会へ行ってきました。私の役割と言えば現在高校一年生になる息子が小学一年生になった時から今年小学六年生の娘まで十年間変わらず「場所取り」です。七時三十分に開門なのですが毎年列が出来るのが早くなっていて、一時間半以上前でもお父さんが大勢ならんでいます。私も早く並んだかいもあり希望の場所が取れ任務完了です。入場行進・開会の言葉から全体競技や学年単独競技とあり、六年生の単独競技は三種目で、午前中は徒競走の一種目、午後は騎馬戦とダンスの二種目と少ないような感じを受けました。しかし、六年生ともなると全ての競技に迫力や真剣に取り組んでいる気持ちを感じることが出来たので、充分満足できました。我が家の運動会は近所に祖父母が住んでいることもあり大人数での観戦となりますが、全員で楽しむことが出来ました。来年は「場所取り」をする事がなくなりますがあっという間の十年間を感じる機会でもありました。


中川中川 志保

先月の続きですが、今更ながら私に韓流ブームがやってきました。15年くらい前に友達に、『冬のソナタ』と『天国の階段』を勧められたのですが、その時は途中で断念してしまい、それ以降も続かず。必ずあるありえない試練、好きになった人が実は近親者だとか、不治の病にかかるとか、うまくいきそうになる度に運命のいたずらですれ違いを繰り返す、といったお決まりの設定や、男女問わず怒鳴り合う煩さになかなかなじめず受付けなかったのですが、この間偶然見た『私の名前はキム・サムスン』というドラマは見入ってしまいました。主演女優のキム・ソナがとてもユーモアがあり、いちいちおもしろい。最初お笑いの方かと思ったくらいです。そのドラマの中ではセクシーなダンスも披露するので、とても芸達者なのだと思います。相手役のヒョンビンは次回作の『雪の女王』というドラマで、キム・サムスンで演じた役とは全く違う人物になっており、びっくり!! 魅了されてしまいました。

お姫雨宮 千鶴
メタボ成長著しい主人がようやく健康不安を感じたのか、珍しく自分で予約を取り、2人揃って人生初の人間ドッグを受けてきました。特定健診は毎年受けてきましたが、ドッグは心電図、肺機能検査、腹部と頸動脈の超音波に加えてAICSという、がんのリスクを予測する血液検査=アミノインデックスも希望し受診しました。5種類のがんのリスク検査でこちらの結果は郵送待ちですが、午前中検査、昼食をとり、午後に基本検査項目について医師の面談を受けるというスケジュールでした。身長、体重については理想的ですと言われ、やった!と思いましたが、中性脂肪が基準値の倍以上、肝機能もγ‐GTPの数値が少し高め、おなかのエコー結果に至っては脂肪肝(!)と言われてしまい、予想外の結果にショックを受けました。セミ・ベジタリアンになってほぼ1年・・・今まで溜め込んだ不摂生の結果はそう簡単には改善されないという事でしょう。ニャンズのために長生きできるよう、体調挽回に努めます!


竹内竹内 憲二
冬がまたやってきます。ということは、バンドのライブが近いということです。毎年、年明け早々の成人の日に参加しているバンドのライブを行っています。数組のバンドで合同ライブをやっております。僕のバンドは練習熱心で毎月2回ほど、横浜市の音楽スタジオを借りて練習をしています。最近では、大所帯となり合計で8名が参加しているバンドになりました。皆さん、経験もあり知識もあり機材もありでとても勉強になります。僕は楽譜が読めないので音楽的なことはすべて言葉で教えてもらうか実際に楽器を弾いてもらい音を拾ってなんとか乗り切ってます。歌謡曲とは、世に出回っている曲は、しっかり編曲されていて、8人で演奏しても再現できない曲が多いですね。特に歌謡曲が全盛期だった1980年代の曲はかなり編集されていて親父バンドでは再現が難しい曲ばかりです。ですが、聞き覚えがあって、誰もが知っていてかつ、ノリがいい曲はこのあたりの曲が多いですね。ライブで受けるために演奏する曲をセレクトしたり、演奏する順番だったり、アンコールの曲は何にする?なんて話をしていると時間があっという間に過ぎてしまいます。同じ趣味の仲間がいてバンドを続けられることに感謝して頑張っていきたいですね。