No.83 2015年 12月号 発注者責任が問われるマンション建設

201512

建設業は国単位での経済活動や人々の安全な暮らしを作り、防災や減災の重要な役割を担っている産業のひとつです。マンションの基礎工事もそんな産業のとても重要な工事のひとつです。

最近、横浜で起きた大型マンションの基礎工事の施行不良問題は原因調査が進む過程で『同様の施行不良のマンションがほかにもあるのでは?』と懸念され、大きな社会問題となりつつあります。この余波は、近隣マンションでも基礎工事の施行内容を確認、開示する依頼が殺到して、10年前に起こった姉歯事件とも言われた耐震強度偽装事件を思い起こさせるような衝撃的な事件となりつつあります。

なぜ、マンションばかりがこのような基礎工事の施行不良や耐震強度偽装のターゲットになってしまうのか?手抜き工事を罰する建築基準法や住宅瑕疵担保履行法などの法律もあるのですが、昭和24年に施行された建設業法では工事の発注者を保護しています。一説には、工事の発注者(施主)が所有者となる建設工事では専門知識を持たない一個人などの発注者を保護するためと言われています。

しかし、この発注者保護は転売目的の分譲マンションの工事発注者も保護されてしまうため、下請けの杭打ち工事会社の現場の監理監督が十分になされていないと見られています。横浜市の液状化マップをみると市内のあちこちに液状化の危険度が高い地域がかなりあります。施行不良マンションが大地震発生時に二次災害を起こさないように適切な改修・補修・建て直しなどがなされることを願っています。


スタッフの最近のできごと

社長雨宮 豊
交通事故に遭いました。11月21日土曜日の午後2時前、中区の本町通りを元町方面に走行中、馬車道通りの交差点で万国橋方面から赤信号を無視して交差点へ飛び込んできた相手車と衝突、私の車は馬車道へはじき出され、相手の車は本町通りに逃げて信号待ちで停車中のタクシーに追突の上、ガードレールに突っ込んで停車しました。直後、現場はパトカー、白バイ、警察官だらけになり、野次馬で溢れました。随分警察の到着が早いなと不思議に思ったのですが、それもそのはずで相手車は信号無視で白バイに追跡され、約2キロ以上を逃走した上での衝突だったのです。未成年、無免許、無保険の相手とすぐに判明。もし、私の車にぶつからず、そのまま土曜午後の馬車道へ突入して行ったらと考えると怖くなります。全治2週間でも幸いケガは軽度。車は無残に壊れてしまいましたが、私も少しは役にたったのかな?などと考えてもいます。自動車保険を取扱う者として、身を持って貴重な体験をしました。

植谷植谷 豊
あっと言う間に冬が来たような気がするのは私だけではないと思います。慌てて衣替えをしたお宅も少なくないようですね。実は先月初めて冬の北海道に行って来ました。結婚15周年の前祝として、新婚旅行後、初めての二人だけの旅行です。スキーやスノボーをされない方は、こぞって行かれるのは8月上旬です。私も仕事がらみで毎年その時期に北海道にゴルフツアーに行きますが、冬の時期は初めての事です。札幌から小樽に移動して、ミシュランガイドに掲載されている店で美味しいお寿司をいただき、すすきのに戻ってジンギスカンを堪能しました。翌日はレンタカーを借りて旭山動物園に直行。しかし、前日に旭川は大雪で、高速道路が通行止めになる始末。恐る恐るハンドルを握り締め、やっと目的地に到着しました。雪化粧をした動物園で、転倒しないように何とか楽しむ事が出来ました。そこで感じた事。やっぱり中国の旅行者が多いんです。日本の観光地は何処も同じなんですね~。旭川空港での彼らの爆買いを見て、日本大丈夫か~と改めて考えさせられました。

鈴木鈴木 久雄
今年もウィンタースポーツの季節がやって来ましたが、これから年末年始にかけて、サッカー・ラグビー・箱根駅伝等楽しみが沢山です。なかでも高校サッカーとラグビーは特に興味があります。自分がサッカーをやっていたこともあって、故郷の岩手代表を応援するのが楽しみで、TVで放映されるダイジェストやスポーツニュースは欠かさず見ます。ただ残念なのはサッカーにしてもラグビーにしてもだいたい1回戦で負けてしまうので半減しますが、それでも決勝戦迄観戦します。何年か前に盛岡商が優勝した時は最高に盛り上がりました。それと、もうひとつの楽しみ方として、注目した選手がプロになり、そこで活躍するのを見ることも大好きです。今年、J1で3年連続得点王を獲得した大久保選手も高校時代に国見高校で活躍していましたが、代表にはあまり縁がなく、それでも前人未到の3年連続得点王は、海外でも例がない程の偉業だそうです。楽しみは尽きないです。

秋山秋山 武志
もう今年もあと少しとなりました。今年はプライベートで趣味のサッカーを復活させてチームとしてニッパツ球技場出場が決まり結果を出す事ができました。その要因はチーム内でもっとこうしようとか話し合うようになりました。みんなが考えてプレーするようになり随分雰囲気も変わってきました。今まで色々なチームを見てきましたがやはり強い組織は上から言われた事だけをやるのではなくひとりひとりが高い意識を持って自ら考えて動いているチームです。時には選手同士や監督と意見のぶつかり合いもあるでしょう!だけど改善した方がいい事、おかしいと思う事を言わないのは組織にとって発展はありません。先日笹子トンネル事故の遺族の方が話していた言葉で千人以上いる社員の中で点検方法におかしいと思う人はひとりもいなかったのかと。おかしいと思わなかったのか?それともおかしいと思っても言える環境ではなかったのか?二度とこのような被害者が出ない事を祈るばかりです。

部長雨宮 厚
暮といえば大掃除。私の担当はキッチンの換気扇とお風呂場。お風呂の蓋はジャバラの巻物のような形状で谷の部分がどうしても黒ずみ(風呂かびでしょうか?)が気になります。昨年はごしごしやり過ぎ、ジャバラ部分が裂けてしましい、たいそう怒られました。ガムテープで補修という訳にもいかず結局買いなおし。ぴったりサイズがなく、難儀をしております。小さいよりはと大きめで端っこの方がめくれ上がったものになっています。また、換気扇はドラム状でしつこい油汚れを何とか楽に落とせないかと重曹を入れたアルマイトの大鍋で煮てみました。油が浮き比較的楽になりましたがアルマイトがハゲチョロケになってしまい、これまたたいそう、怒られました。なんとか復旧をとネットで調べましたが化学反応なので塗装は直らないと分りがっかりです。30センチの大鍋、高かったのに・・・。皆様もお気を付け頂き、よいお年をお迎え頂ければとお祈り申し上げます。

菊田菊田 正臣
先月熊本に行ってきました。すでに三回目になります。今回は下の子が生まれたのを妻の祖母に見せるために行きました。私の個人的な目標は熊本ラーメンを三回食べに行くことです。早速初日の夕方到着して食べに行ったのは定食屋兼ラーメン屋「たつだラーメン」。メニューを見るとジャンボチキンカツとラーメンのセットが目に入りました。とてもお腹がすいていたので即決。もちろんラーメン大盛り。10分くらい待つと、お盆に乗せられた料理が次々と出てきましたが、私にはお盆に大きいラーメンだけ。注文を間違ったのかと思って食べてたら、今目の前にあるキーボード大の大きさのチキンカツが出てきました。お盆に乗らなかっただけ。絶望です。初めてこれは完食できないかもしれないと頭によぎりました。もちろん全て食べましたが、次の日お腹を壊し熱が出て、ラーメンはこの1回きりでした。欲張ってはダメですね。お店の名誉のために書きますが、このらーめんはおいしかったです。マー油最高!

組田3組田 智晴
スーパーGT2015年ラウンド8最終戦を観戦に栃木県にあるツインリンクまで行ってきました。GT500クラスは開幕戦から日産・レクサス・ホンダのプライドをかけた熾烈なバトルが繰り返され、最終戦の結果でシーズンチャンピオンの権利があるのが6チームあり、シーズン中優位にポイントを稼ぎチャンピオン争いに王手が掛かっているのが、日産GT−R2台。コースもテクニカルでストップアンドゴーが多くブレーキに定評があるGT−Rということもありレース前から楽しみどころ満載でした。しかしスタート前に一時的な雨が降りタイヤ選択とピットワークのタイムが勝敗を分ける条件に加わりレースを難しくするも、昨年チャンピオンの1号車MOTUL2年連続シーズンチャンピオンとなり嬉しい結果となりました。日常なかなか感じる事のない迫力やわくわく感やどきどき感を朝から夕方まで体感出来るスーパーGTは最高です!!

中川中川 志保
今回は地元のチーム、大分トリニータについて。現在J2に所属しています。今季は下位に低迷し、最終的には下から2番目でシーズンを終了したので、J3の町田FCと入れ替え戦を戦うことになりました(ホーム&アウェイ方式でトリニータが勝てば、J2に残留できます)。明後日(11/29)まず町田ホームの試合で、12/6に大分ホームの試合です。今まで、J1→J3に落ちたチームはないそうです。数年前までは、トリニータがJ2に落ちることなんて考えられなかったし、昨年はJ1昇格争いをしていました。この数年、なぜこんなことになってしまったのか…とトリサポは何度も思ったことでしょう。一番の原因は資金不足。借金返済期限までにお金が足りず、Jリーグ規定で、返せなければチームの解体が決まっていたとき、最後の最後、県民の寄付(1億円集まりました)で乗り越えたこともありました。これまで何度も危機を逃れてきています。今回もぜひ踏ん張ってほしいです。

お姫雨宮 千鶴
年末ジャンボの季節ですね。宝くじ、当たる訳ないだろうと思いつつ、買わなければ当たらないのでジャンボの発売の度に最低バラ20枚、連番で10枚買っています。ロト6も買い続けて5年以上経ち、今まで5つの数字が合っている5等に2度当選しましたが、元金が返ってきた感じです。1等当選は困難、もし当たったら・・・以前は自分の欲しい物が全部買えるなと能天気に思っていましたが、今は違います。欧米諸国の中でも動物福祉が進んでいるドイツにある「ティアハイム」のような動物保護施設を作りたいのです。フェイスブック上の犬猫友達も大勢いますが、彼らも口をそろえて訴えています。「日本の殺処分をなくしたい。動物達の命を奪う権利は人間にはない。お金があったらシェルターを作りたい」と。動物愛護法の改正など、少しずつ国内での対応も変わってきていますが、まだまだ日本は後進国です。一人の声は小さくても仲間達と力を合わせていけばいつか変わると思い、声をあげ続けていきます。

竹内竹内 憲二
『下町ロケット』面白いですね。半沢直樹のときも毎週胸アツでしたが、阿部ちゃんは主役なのでもちろん言うまでもないですが、多種多様な経歴の脇役さんたちが素晴らしいと思います。町工場の佃製作所の経理部長役の立川談春さんは落語家、技術開発部長役の安田顕さんは、北海道の演劇ユニットTEAM NACSのメンバー。帝国重工の財前部長役の吉川晃司はロック歌手とかなり幅広いキャストです。ジャニーズなし、有名モデル女優なし、お笑いタレントあり、主題歌なし、21時から1時間たっぷり物語りに浸れるところがいいのかもしれません。また、スカッとジャパンを見て以来、木下ほうかさんが気になる役者さんなのですが、今回はあまり面白いシーンはなかったので残念^^。かわりに、第二話で特許侵害訴訟で訴えられてしまった佃社長が証人席で裁判長に訴えかけた長台詞の最後に『正義は我にありだ!』で私は佃社長について行く事に決めました^^