与信管理で連鎖倒産リスクに備える

会社経営では

取引先の不足の倒産による連鎖倒産リスクに備える必要があります。

取引先の与信管理も最低でも年一回は行っておくことをおススメいたします。

 

torihikijyouzu

取引先の倒産、民事再生手続き開始、銀行取引停止等による代金未回収への対策をご検討ください。

古くからの既存の取引先も最近は事業を拡大してきので与信管理も限界がある

新規取引先を開拓したいが、与信管理が難しい

債権保存をPRして仕入先や株主の信用力をアップさせたい


信用リスクをコントロール(与信管理)するために

貸倒れによる経営ダメージを回復または軽減することができます。

 

与信管理体制を構築しましょう!

  • 取引先を個別調査して信用状況を常に確認
  • 取引先の取引額の管理を徹底
    ・・・ 通常ではこの二つでの与信管理で貸倒れによるダメージを未然に防ぐことができる

 

不測の事態の場合は?

  • 取引先の倒産
  • 民事再生手続き開始
  • 銀行取引停止等

 

このようなケースは、いわば事故のようなものです。

そこで貸倒れ損害をカバーする必要があります。

  • 取引先の経営信用度が良くわからない
  • 取引先の与信管理を徹底したいがそのための人材確保などが難しい
  • 過去に取引信用保険のファクタリングなど加入検討したが保険料が高くて断念した

 

上記の用件にひとつでも当てはまるようであれば信用取引保険が有効活用いただけると思います。
ぜひ、一度ご相談ください。